公式練習のない近畿大会、球児のために導入を考えるべき!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.10.17

 秋季近畿地区大会の組み合わせが決まりました。気になる組み合わせ表はこちらをご覧ください。


 今年の開催地は兵庫。会場は、ほっともっとフィールド神戸です。プロ野球でも開催されるのでご存知の方も多いと思いますが、内野天然芝で綺麗かつ素晴らしい球場です。でも、プレーする選手にとっては、慣れが必要な球場でもあります。

 秋季地区大会では、北海道大会九州大会北信越大会など、多くの地区で開幕の前日、あるいは前々日に試合会場での公式練習が行われています。(希望校のみの地区もあり)
今年も北信越大会では、土曜日(13日)の開幕前に、早いチームは木曜日に公式練習をしました。つまり木、金と2日間、公欠を使えているわけですね。

 しかし、平日は雨天等の予備日が発生しない限り授業優先のスタイルの近畿大会は伝統的に公式練習というものがありません。さらに、試合前のシートノックは芝生保護の目的で、スパイクではなくアップシューズです。選手にとっては、試合の入りなどで苦しむ可能性が高くなるわけです。

 先日、兵庫大会、大阪大会の最終日を取材した際、監督に内野天然芝対策を聞きましたが、「経験がないですからね。でも相手も同じ状況なので」という答えがほとんどでした。

 自校のグラウンドも、内野が天然芝というところはないのではないでしょうか。兵庫代表の明石商神戸国際大附報徳学園の3校はいずれも、夏の兵庫大会で内野天然芝の同球場を使用しました。ただ、秋は未使用のため、経験がない選手も多くいます。内野天然芝文化に馴染んでない日本の野球選手にとって、いきなり使用するとなると準備がいります。国際大会に挑むU-18の選手も毎年のように内野天然芝の慣れが課題になっていますよね。

 逆にアメリカの選手などは、子供のころから馴染んでいるケースが多いです。

 全校が同じ条件といえばそれまでですが、選手のケガの可能性を低くし、かちベストパフォーマンスができる工夫を主催者側も考えてみてはどうでしょうか。

 ベストは公式練習ですが、今となっては中々難しい。できることと言えば、夏の神奈川大会のように試合と試合の間を1時間くらいとり、例えばシートノックを10分にしてみる。芝生保護の目的はわかりますが、やはりスパイク使用OKにしてみる。出場校も喜ぶと思います。

 因みに、公式練習のない近畿大会。毎年、独自で平日に会場を確保して練習する学校もあり、争奪戦になる年もあると聞きました。その有利不利をなくすためにも、将来的には、他地区のような平日に公欠を使っての主催者が設定する公式練習の導入を考えるべきだと私は思います。全ては慣れない球場でのケガ防止、選手のベストパフォーマンス発揮のために。

参考:北信越大会の公式練習日程表

(文:松倉 雄太

【関連記事】
夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧 【ニュース - コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
夏の甲子園に2年連続出場中の近江・多賀章仁監督「後々、あの経験が活きたと言えるような歩みをしてほしい」 【ニュース - 高校野球関連】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第111回 ミレニアム世代トップランナー・小園海斗の成長過程を報徳学園時代からひも解く【高校野球コラム】
第253回 森木大智だけじゃない!2003年世代は145キロ右腕、140キロ左腕など好投手が数多く点在【後編】【ドラフト特集コラム】
第1145回 大学3年右腕ではトップの徳山壮磨(早稲田大)をレベルアップさせたフォーム改造術 【2020年インタビュー】
第1142回 秋に台頭した報徳学園の核弾頭・三宅雄雅 覚醒の秘訣は「ツイスト打法」の習得 【2020年インタビュー】
第1141回 中川卓也(大阪桐蔭-早稲田大)屈辱の1年を乗り越え、東京六大学で首位打者を狙える選手へ 【2020年インタビュー】
第1141回 二度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭の主将・中川卓也(早稲田大)が濃密な3年間で得たもの 【2020年インタビュー】
第1133回 「プロは目指していなかった」146キロ右腕・小辻鷹仁(瀬田工)はどのようにしてプロ注目となったのか 【2020年インタビュー】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
天理vs大阪桐蔭【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
天理vs履正社【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs智辯学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
履正社vs京都翔英【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
近江 【高校別データ】
大阪偕星学園 【高校別データ】
大阪桐蔭 【高校別データ】
橿原 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】
コメント (1)
公式練習日の件2018.10.17 ショウジ
記事読ませて頂きました。
私も前々から他地区の様に公式練習日有った方が良いなと感じていました。
今季のほっともっとフィールド神戸では内野天然芝張りは選手達も結構
不安に感じてると思われますね本当に怪我防止とベストパフォーマンスの為に
お願いします。進言してください宜しくお願い致します。

コメントを投稿する

前の記事:
ドラフト候補・岡野祐一郎(東芝)が語った控えからアマチュアの名門を渡り歩いた軌跡
次の記事:
大学日本代表右腕!松本航(日本体育大)の投球論とは?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る