渡邉勇太朗(浦和学院)が決意!「先発ローテーションに入って優勝に導ける投手になりたい」

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.10.12

渡邉勇太朗(浦和学院)

渡邉勇太朗(浦和学院)が決意!「先発ローテーションに入って優勝に導ける投手になりたい」

 プロ志望届けを提出した渡邉 勇太朗投手(浦和学院)。190センチ90キロから恵まれた体格から振り下ろす140キロ後半の速球と多彩な変化球で勝負する右の本格派だ。
取材に応じた渡邉は高校3年間について振り返ってくれた。転機となったのは秋季大会準々決勝・市立川越戦。0対1で完封負けを喫した。渡邉はベンチからこの敗戦を見ていた。

「あの時は僕だけではなく、みんなが現実を受け入れられなかったというか、放心状態でなかなか練習にも身に入らなかったですね。それでも監督が檄を入れてくれて、冬場はめっちゃ気合を入れて練習しました。それがあるから春も夏も優勝できたと思います」

 だが春先に肩を痛めるなどで調整が遅れ、甲子園入りするまでなかなか調子があがらなかったが、甲子園では最速149キロを計測するなど、力が入ったピッチングを見せた。
「甲子園でのピッチングは今まででも一番でした。だからこそ侍ジャパンにも選ばれたと思いますし、プロのスカウトの方々の見方も変わってきたと思います」
2年夏から考えていた高卒プロ志望の思いは甲子園のピッチングでより強くなった。

 今では肩回りのトレーニングを行うなど体づくりを行う毎日。8月28日に行われた大学代表との試合は自分の実力を見つめなおす機会となった。
「大学代表の投手の方たちはプロに最も近い人たち。あの人たちを見て自分がまだまだ実力が全く足りないということに気づかされました」と練習に取り組むモチベーションとなった。

 そしてプロ入りが実現した時の目標を語ってくれた。
「すべてにおいてレベルアップして、いずれは先発ローテーションに入って優勝に導ける投手になりたいです」

 高い目標を掲げた渡邉。語り口は物静かだが、自分が取り組んだこと、足りないところをしっかりと分析する姿を見ると頼もしさを感じた。

 10月25日、念願のプロ野球選手へ。運命の時を待つ。

渡邉勇太朗(浦和学院)投手のロングインタビューはドラフト直前に公開予定!お楽しみに!

【関連記事】
昨年の侍ジャパンU18代表6名が学生表彰選手!そこから見えるものとは 【ニュース - その他】
プロ、大学それぞれの道へ!ミレニアム世代の進路を見ていく! 【ニュース - コラム】
第193回 ミレニアム世代はそれぞれの道へ!注目選手たちの進路一覧!【ドラフト特集】
第816回 危機感を乗り越え史上初の2度目の春夏連覇!!大阪桐蔭の1年間を試合レポートで振り返る!【後編】【大会展望・総括コラム】
第802回 冬場の鍛錬と開き直りが成長に繋がる 草薙柊太(国士舘高)【前編】 【2018年インタビュー】
第800回 プロで生き残るために「吾道一貫」を胸に刻む 渡邉勇太朗(浦和学院)【後編】  【2018年インタビュー】
第796回 退部危機乗り越え 甲子園を強く見据える 渡邉勇太朗(浦和学院)【前編】 【2018年インタビュー】
第182回 ミレニアム世代の投手ビッグ3や指名有望な逸材の将来性を徹底解剖!【高校生編投手】【ドラフト特集】
第775回 センスと思考力を併せ持つ社会人No.1スラッガー・笹川晃平(東京ガス) 【2018年インタビュー】
浦和学院vs報徳学園【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
第778回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証 「ルールへの対応」【大会展望・総括コラム】
第773回 スーパーラウンド!速球派揃いの台湾、ディフェンス力の中国にどう戦えばいいのか?【大会展望・総括コラム】
第757回 何もかも大谷翔平。渡邉勇太朗(浦和学院)が持つ独特の感性 【2018年インタビュー】
大阪桐蔭vs浦和学院【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
二松学舎大附vs浦和学院【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
浦和学院vs仙台育英【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
浦和学院vs川口【埼玉県 2018年夏の大会 第100回選手権南埼玉大会】
渡邉 勇太朗(浦和学院) 【選手名鑑】
浦和学院 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
組み合わせが決定!春の大分を制するのはどこだ!?【春季大分県大会 組み合わせ結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る