【動画】大阪桐蔭が誇るNFコンビ 根尾昂・藤原恭大がともにマルチヒット!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.10.03



根尾昂(左)と藤原恭大(右)

【マルチヒット動画あり!】大阪桐蔭が誇るNFコンビ 根尾昂・藤原恭大がともにマルチヒット!

 大阪桐蔭藤原 恭大根尾 昂の2人コンビが最後の公式戦(対済美戦)で躍動した。藤原は第1打席からかち上げスイングでセンターへ高々と打ち上げたフライを見せ、スタンドを沸かせる。

 そして見せ場となったのは。4回裏の第2打席。藤原は2ストライク1ボールから痛烈な左前安打を放ち、そして根尾が左中間を破る適時二塁打を放ち、1点を先制する。第3打席は2人とも凡退に終わったが、8回裏の第4打席では藤原はセンターへ高々と打ち上げ、ポトリと落ちるヒットで、一気に二塁に陥れると、根尾も左前安打を放ち、2人とも4打数2安打の活躍を見せた。

 藤原は「全打席でフルスイングを心掛けました」とかち上げスイングでひとたびスイングするたびに球場を沸かせた。マルチヒットを打ったものの、「まだ芯でとらえた打球が1つもない。1球で仕留めきれなかったところと、打ちたいときに打ち損じている。そこが課題です」と試合を振り返った。フルスイングはどうしてもコンタクト力が落ちる。これほど強いスイングをしながら、コンタクト力を高めるのが藤原の課題となるだろう。

 一方、根尾は3年間を終えて「3年間、寮生活でしたので、3年生たちは仲が良かったですし、みんなには日本一のチームメイトと伝えたい」とチームメイトへ感謝の思いを述べた。

今後について根尾は「さらに力をつけて、やっぱりプロの一番上であるトップレベルを目指したい。まだまだ力は足りないですけど、力をつけていきたい」とさらなるレベルアップを誓った。

 この試合後、柿木 蓮横川 凱とともにプロ志望届を提出することを表明した根尾、藤原。大阪桐蔭カルテットは全員指名されるのか?また1位候補として期待される根尾、藤原はどの球団が交渉権を手にするのか?国体が終わり、25日まで楽しみが尽きない。

【関連記事】
第999回 センバツ連覇で喜ぶ同級生たちをスタンドから見守った 道端晃大(同志社大)【前編】 【2019年インタビュー】
2年生スラッガー・田窪柊!東大阪大柏原の4番が語る目指すゴール 【ニュース - インタビュー】
第997回 大阪桐蔭最強世代の2番になるまでの軌跡 青地斗舞(同志社大)【前編】 【2019年インタビュー】
小園海斗が一軍デビュー! 報徳学園高校からスター誕生なるか? 【ニュース - 高校野球関連】
第1000回 憧れは中田翔!2年生4番・西野力矢(大阪桐蔭)はチームの勝利の為に打ち続ける 【2019年インタビュー】
第995回 名門の道を歩んできた野球人生 転機となった台湾遠征 宮本涼太(大阪桐蔭)【前編】 【2019年インタビュー】
第946回 関西屈指の野球センスを持った「次世代の二刀流候補」 谷口勇人(京田辺ボーイズ) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第197回 球界を席巻しつつある若手スターは1994年世代から始まった【後編】【ドラフト特集コラム】
第33回 指導してきた約20年間で印象に残っている素晴らしい選手 平川 敦(北海)vol.8【名将たちの言葉】
第17回 祝3万人突破!年始に見てきたい注目動画を一挙紹介!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第76回 大阪桐蔭が春夏連覇!金足農の躍進!課題が残ったアジア大会!2018年高校野球を振り返る!【下半期】【高校野球コラム】
第74回 ドットコム編集部が選ぶ!2018年高校野球10大ニュース【高校野球コラム】
横浜vs花咲徳栄【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
根尾 昂(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
藤原 恭大(大阪桐蔭) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

次の記事:
前U-15侍ジャパン監督・清水隆行氏が振り返る「一流選手の習慣」と「U-15日本代表選手の将来性」vol.3
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る