九州国際大付、筑陽学園、真颯館、小倉工がベスト4へ!【九州地区高等学校野球福岡大会・2日結果】

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.10.03

■九州国際大付、筑陽学園、真颯館、小倉工がベスト4へ!【九州地区高等学校野球 福岡大会】

 第143回九州地区高等学校野球福岡大会は、2日に準々決勝4試合が行われた。

 北九州市民球場では、第1試合 小倉工九産大九産に9回に追いつくと10回には2点を追加し逆転勝利を収めた。また、第2試合では九州国際大付が接戦を制し、西日本短大附を2対1で下した。 光陵グリーンスタジアムでは、真颯館福岡工大城東を、筑陽学園飯塚を破り、ベスト4進出を決めた。

 準決勝2試合は6日久留米市野球場にて行われる。

詳しい日程、組み合わせは以下をチェック!!
第143回 九州地区高等学校野球 福岡大会

◇10月02日の結果

第143回 九州地区高等学校野球 福岡大会
準々決勝 小倉工   4  -  3   九産大九産 北九州市民球場 応援メッセージ (3)
九州国際大付   2  -  1   西日本短大附 北九州市民球場 応援メッセージ (3)
真颯館   2  -  1   福岡工大城東 光陵グリーンスタジアム 応援メッセージ (3)
筑陽学園   6  -  1   飯塚 光陵グリーンスタジアム 応援メッセージ

◇10月06日の予定

【関連記事】
最速146キロ右腕・武内未来を軸にベスト4に進出した真颯館(福岡)の冬に迫る! 【ニュース - コラム】
第35回 真颯館(福岡)新しい伝統を創って質の高い野球を目指す【冬が僕らを強くする2019】
秋季大会準優勝!宮崎・小林の地から甲子園目指す小林西の冬! 【ニュース - コラム】
第23回 小林西(宮崎)「小林の地から甲子園へ 全ての行動に『1』を意識!」【冬が僕らを強くする2019】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第556回 6年間の集大成を全国の舞台で!甲子園優勝へ突き進む札幌大谷(北海道)【後編】【野球部訪問】
第869回 「あれこれ考えない思い切り」が福岡大真(筑陽学園)の打撃を生み出した 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
第551回 慢心なき九州王者・筑陽学園(福岡)が危機感を持って駆け抜けた秋【野球部訪問】
第869回 「自己否定」と向き合い続けた江原佑哉(筑陽学園)の主将力 【2019年インタビュー】
第840回 広陵の3本柱、履正社の清水大成に注目!選抜出場校逸材ガイドブック【西日本投手編】【大会展望・総括コラム】
第867回 神宮で見せた大器の片鱗!西舘昂汰(筑陽学園)が狙うのは「甲子園で150キロ」 【2019年インタビュー】
札幌大谷vs筑陽学園【2018年 第49回明治神宮野球大会】
筑陽学園vs桐蔭学園【2018年 第49回明治神宮野球大会】
延岡学園vs筑陽学園【2017年秋の大会 第141回九州地区高等学校野球大会】
盛岡大附vs九州国際大付【第98回全国高等学校野球選手権大会】
九州国際大付vs福岡工大城東【福岡県 2016年夏の大会 第98回選手権福岡大会】
九州国際大付 【高校別データ】
小倉工 【高校別データ】
真颯館 【高校別データ】
筑陽学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
武岡台、神村学園、川内、シード勢順当に8強へ【秋季鹿児島県大会・2日の結果】
次の記事:
神村学園、川内など勝利!4試合を徹底レポート!【秋季鹿児島大会】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る