九州国際大付、筑陽学園、真颯館、小倉工がベスト4へ!【九州地区高等学校野球福岡大会・2日結果】

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.10.03

■九州国際大付、筑陽学園、真颯館、小倉工がベスト4へ!【九州地区高等学校野球 福岡大会】

 第143回九州地区高等学校野球福岡大会は、2日に準々決勝4試合が行われた。

 北九州市民球場では、第1試合 小倉工九産大九産に9回に追いつくと10回には2点を追加し逆転勝利を収めた。また、第2試合では九州国際大付が接戦を制し、西日本短大附を2対1で下した。 光陵グリーンスタジアムでは、真颯館福岡工大城東を、筑陽学園飯塚を破り、ベスト4進出を決めた。

 準決勝2試合は6日久留米市野球場にて行われる。

詳しい日程、組み合わせは以下をチェック!!
第143回 九州地区高等学校野球 福岡大会

◇10月02日の結果

第143回 九州地区高等学校野球 福岡大会
準々決勝 小倉工   4  -  3   九産大九産 北九州市民球場 応援メッセージ (3)
九州国際大付   2  -  1   西日本短大附 北九州市民球場 応援メッセージ (3)
真颯館   2  -  1   福岡工大城東 光陵グリーンスタジアム 応援メッセージ (3)
筑陽学園   6  -  1   飯塚 光陵グリーンスタジアム 応援メッセージ

◇10月06日の予定

【関連記事】
明治神宮大会で活躍をみせた選手5名を紹介!【今日のコム注】 【ニュース - 高校野球関連】
世代の逸材揃う神宮大会を徹底総括 【ニュース - コラム】
第818回 奥川、武岡、西原…平成最後の神宮大会で躍動した逸材たち【大会展望・総括コラム】
第817回 平成最後の神宮大会を総括 出場10チームの収穫と課題とは【大会展望・総括コラム】
札幌大谷vs筑陽学園【2018年 第49回明治神宮野球大会】
筑陽学園vs桐蔭学園【2018年 第49回明治神宮野球大会】
第812回 平成最後の神宮大会を沸かせる逸材たち【大会展望・総括コラム】
第10回 筑陽学園高等学校(福岡・九州沖縄地区代表)「投手陣の踏ん張りで全国大会に!」【第49回明治神宮野球大会 チーム紹介】
第189回 2018年高校生でドラフト指名から惜しくも漏れた選手たち【ドラフト特集】
第788回 「野球に対する考えが180度変わった」米倉貫太(埼玉栄)が歩んだ「確かな3年間」 【2018年インタビュー】
延岡学園vs筑陽学園【2017年秋の大会 第141回九州地区高等学校野球大会】
盛岡大附vs九州国際大付【第98回全国高等学校野球選手権大会】
九州国際大付vs福岡工大城東【福岡県 2016年夏の大会 第98回選手権福岡大会】
第350回 白鷗大学 龍 幸之介選手【前編】「様々な思いを背負って臨んだ2度の甲子園」 【2015年インタビュー】
第159回 九州国際大学付属高等学校 清水 優心 選手 【2013年インタビュー】
第151回 読売巨人軍 長野久義 選手 【2013年インタビュー】
九州国際大付 【高校別データ】
小倉工 【高校別データ】
真颯館 【高校別データ】
筑陽学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
秋は4点差を逆転!ソフトバンクの大隣投手の母校・京都学園が大事にする「諦めない気持ち」
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る