ブレイク候補?対照的な高校時代だった高橋奎二と望月惇志

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.09.13

 9月5日に行われたヤクルト対中日の試合で高卒3年目の高橋 奎二(ヤクルト)がプロ初登板を飾った。145キロを超えるストレートにチェンジアップ、スライダーなどの変化球を混ぜ、3回まで無失点投球を披露する。4回に2本の本塁打を含む4安打と集中打を浴び、5点を失ったが、つづく5回には立ち直り、5回5失点、被安打6、奪三振5、与四球3(102球)でマウンドを後にした。

 

初登板で期待を抱かせる投球をみせた高橋奎二



龍谷大平安時代の高橋奎二

 勝ち負けはつかなかったが、一軍初登板としてはまずまずの内容だったと言えるだろう。チェンジアップの精度が上がれば、十分にローテーションを任せられる投手に成長しそうな雰囲気もある。翌日に登録を抹消されたが、これからもチャンスは巡ってくることは間違いない。

 その高橋は龍谷大平安2年時に春の選抜で優勝を経験。同世代の中でも追われる存在だった。しかし、2015年ドラフト3位でヤクルトに入団後は故障もあり、本来の投球ができずじまい。ようやく3年目の今シーズン一軍での第一歩を踏み出したところでもある。この経験を糧とし、来シーズン飛躍することに期待がかかる。

150キロ右腕のセットアッパー候補・望月惇志



横浜創学館時代の望月惇志

 その高橋と同じ2015年ドラフト組で今シーズン結果を残しつつある選手がいる。阪神の望月 惇志だ。2015年ドラフト4位で横浜創学館から阪神へと入団。昨シーズンまでの一軍登板はわずかに1試合と実績は皆無だった。

 しかし、今シーズンは7月3日に一軍登録されると中継ぎとしてフル回転。ここまで24試合に登板し29.1回を投げ33奪三振と金本知憲監督の期待に応えている。今シーズンは勝ちパターンとしての起用ではないが、150キロを超えるストレートは魅力的。来シーズンからはセットアッパーに昇格する可能性も秘めている。

 その望月は激戦区の神奈川県出身ということもあり、高校時代に甲子園への出場経験はない。しかし、同期のトップ集団に位置していた高橋より早く、一軍で結果を残しているのだ。

 甲子園に出場していても、していなくてもプロに入れば関係ない。両選手とも高卒3年目の今シーズンに手応えを掴み、4年目となる来シーズンの活躍に期待したい。

 ※数字は2018年9月8日終了時点

(文:勝田 聡)

【関連記事】
龍谷大平安が目指す100回大会で節目の甲子園100勝! 【ニュース - コラム】
第478回 龍谷大平安「100回大会で節目の甲子園100勝を!」【野球部訪問】
【小関順二のドラフト指名予想】阪神タイガース編「ドラフト戦略の基本理念は『フルスイング』だ!」 【ニュース - コラム】
第119回 【小関順二のドラフト指名予想】阪神タイガース編 「ドラフト戦略の基本理念は『フルスイング』だ!」【ドラフト特集】
第74回 広陵(広島)編「今夏、中村 奨成を擁して準優勝を果たした広陵のつながり!」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第111回 【小関順二のドラフト指名予想】中日ドラゴンズ編 「超高校級選手の獲得が必須」【ドラフト特集】
第109回 【小関順二のドラフト指名予想】東京ヤクルトスワローズ編 「最優先は即戦力投手か」【ドラフト特集】
第232回 中日ドラゴンズ 大塚 晶文コーチ【後編】 「普段の細かい作業から1つの作品を作るのがバッテリーの醍醐味」 【2014年インタビュー】
第231回 中日ドラゴンズ 大塚 晶文コーチ【前編】 「プロ、アマチュアで出会った捕手の存在」 【2014年インタビュー】
第176回 阪神タイガース 鳥谷 敬選手 【後編】 【2014年インタビュー】
第175回 阪神タイガース 鳥谷 敬選手 【前編】 【2014年インタビュー】
高橋 奎二(龍谷大平安) 【選手名鑑】
望月 惇志(横浜創学館) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る