藤原恭大は左打ちで歴代1位タイの甲子園通算5本塁打!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.09.10

 第100回全国高校野球選手権大会(以下、夏の甲子園)が終了してから、3週間ほど経過した。大阪桐蔭藤原 恭大(3年)、根尾 昂(3年)の高校生離れしたプレー、金足農吉田 輝星(3年)による力投など多くのファンに感動を与えたはずだ。

甲子園の歴史に名を刻んだ藤原恭大



藤原恭大(大阪桐蔭)

 なかでもドラフトの目玉として注目されている藤原は、夏の甲子園で3本塁打を放ち、歴代5位タイの甲子園通算5本塁打となった。これで甲子園の歴史に名を刻んだと言っても過言ではないだろう。

 

 さて、過去の本塁打ランキングを見ると1位は不滅の記録となってもおかしくない清原和博(PL学園)の13本。7本差の2位タイは6本に桑田 真澄PL学園)、元木大介(上宮)、中村 奨成広陵)が続く。そして5本に藤原を含め5人が名を連ねている。

 5本以上の本塁打を放っている選手は、全員がプロ入りを果たしており藤原もそれに続くこととなりそうだ。

【甲子園通算本塁打ランキング】
1位(13本):清原和博(PL学園
2位(6本):桑田 真澄PL学園)、元木大介(上宮)、中村 奨成広陵
5位(5本):香川伸行(浪商)、鵜久森淳志(済美)、平田 良介森 友哉藤原 恭大(いずれも大阪桐蔭
※2018年夏の甲子園終了時点

 その藤原は左投左打だが、ランキングに名を連ねている選手達は森をのぞいて全員が右投げ右打ちだ。左打ちとしては、森とともに歴代1位の本数を記録していることになるのである。

 甲子園球場は通称「浜風」と呼ばれる右翼から左翼方向へ抜ける海風が強く吹いており、一般的には左打ちの打者は苦戦する。しかし、その環境をものともせず、藤原は結果を残してきたのだ。

 藤原に「高卒の外野手」、「左投げ」といったドラフト1位で指名するには、やや不安の強い要素を持っているのは事実だ。しかし、それを補ってあまりある打撃技術、パワー、スピードを持っていると評価する声も多い。

 今秋のドラフトまで2カ月を切ったが、どのチームが藤原へ入札するのだろうか。藤原を追う各球団の動向から目がはなせない。

(文:勝田 聡)

【関連記事】
高卒ドラフト選手でNo.1を目指す!この冬に勝負をかける加茂優太(藤井学園寒川)が語る未来とは? 【ニュース - インタビュー】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
根尾昂、藤原恭大は31年ぶりの高卒1年目野手による新人王となるか 【ニュース - 高校野球関連】
第9回 ドラフト指名が10人!2017年U-18ワールドカップで優勝したアメリカ代表の現在地【世界の高校野球】
第820回 動画で振り返るミレニアム世代のトップランナー!根尾昂(大阪桐蔭)が見せた圧倒的身体能力とひりつくような熱気【大会展望・総括コラム】
第816回 危機感を乗り越え史上初の2度目の春夏連覇!!大阪桐蔭の1年間を試合レポートで振り返る!【後編】【大会展望・総括コラム】
第835回 非日常だった甲子園での日々 高校3年間はかけがえのない思い出 MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.3 【2018年インタビュー】
第815回 史上3校目の選抜連覇を達成!大阪桐蔭の1年間の軌跡「手探りの秋、逞しさが出た選抜」【前編】【大会展望・総括コラム】
第21回 俳優・吉村卓也がドラフト会議2018で目玉になった選手を紹介!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第821回 選抜連覇のPL学園を奇襲で破る!激戦の末甲子園へ MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.2 【2018年インタビュー】
第805回 近畿大会ナンバーワン左腕へ!辛苦を乗り越えた清水大成(履正社) 【2018年インタビュー】
第804回 大阪桐蔭撃破のキーマン・東妻純平(智辯和歌山)細やかな準備が勝利を呼ぶ ! 【2018年インタビュー】
智辯和歌山vs大阪桐蔭【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs橿原【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs関大北陽【大阪府 2018年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
大阪桐蔭vs済美【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
大阪桐蔭vs下関国際【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
桑田 真澄(PL学園) 【選手名鑑】
中村 奨成(広陵) 【選手名鑑】
藤原 恭大(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【沖縄県1年生中央大会】興南、沖縄尚学が準決勝へ!3試合をレポート!
次の記事:
いざキューバへ!東京選抜が決戦の地へ飛び立つ!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る