花咲徳栄・野村佑希の夏が幕を閉じる。史上3人目の2年連続甲子園2本以上を達成!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.08.16

 第100回全国高校野球選手権大会は、甲子園球場を舞台に史上最多の56校が深紅の大優勝旗を目指し熱戦を繰り広げている。すでに1回戦の日程はすべて終了しており、夏連覇を目指す花咲徳栄(北埼玉)は順当に勝ち上がった。

エースで4番の野村が1発


花咲徳栄の軸・野村 佑希

 ドラフト候補として注目を浴びている野村 佑希花咲徳栄)は「4番・投手」として鳴門戦(徳島)にフル出場。序盤に4失点を喫するなど、投手としては9回5失点といまひとつだったが、打者としては1発を放ち存在感を見せた。

 野村は昨夏の甲子園でも2年生ながら「4番・一塁」として全試合にスタメン出場している。その6試合で打率.520(25打数13安打)、2本塁打、6打点と優勝に大きく貢献。今大会はそれ以上の成績を残し2004年・2005年の駒大苫小牧(南北海道)以来となる夏連覇を目指した夏であった。

 しかし過去99回の歴史において、わずか5度しか達成されていないことからも、簡単なことではないのがよくわかる。

森友哉、田中将大でも届かなかった偉業


大阪桐蔭時代の森 友哉

 この野村のように2年時に主力として活躍した選手が、翌年の甲子園で再び脚光を浴びることは少なくない。

 近年では森 友哉大阪桐蔭→西武)もそのひとりだろう。森は藤浪 晋太郎(現・阪神)を擁し、2012年に大阪桐蔭が春夏連覇を達成した際、1学年下ながら正捕手として投手陣をリードしていた。

 この大会では5試合で打率.400(20打数8安打)、2本塁打、2打点の活躍でU-18日本代表にも選ばれている。藤浪ら主力が抜けた翌年も、森は大阪大会を勝ち抜き聖地に戻り、打率.500(12打数6安打)、2本塁打、4打点とここでも大活躍。チームは3回戦で敗退したものの、「強打の捕手」として大きく取り上げられる存在だった。

 現時点で最後の夏連覇達成校となる駒大苫小牧のエースだった田中 将大(現・ヤンキース)もそうだ。2年時は決勝戦で2年生史上初となる150キロを投じ胴上げ投手になると、翌年はエースとして聖地に戻ってきた。

 夏3連覇を目指し勝ち進んだチームは、決勝で早稲田実業(西東京)の斎藤 佑樹(現・日本ハム)と死闘を演じ延長18回再試合となる。再試合では最後の打者となり惜しくも敗れたものの、気迫溢れる投球を見せてくれたことは記憶に新しい。その後の活躍は言うまでもないだろう。

 そして野村は森に並ぶ記録を成し遂げた。2回戦の横浜戦で左腕・及川 雅貴から本塁打。2年続けて夏の甲子園2本塁打以上を打っている打者は清原和博、森 友哉の2人しかない。いずれもプロで活躍しているスラッガーに並んだ野村が目指すはもちろんプロの舞台でもスラッガーになることである。

(文:勝田 聡)

【関連記事】
高卒ドラフト選手でNo.1を目指す!この冬に勝負をかける加茂優太(藤井学園寒川)が語る未来とは? 【ニュース - インタビュー】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
フォーム改造、全国制覇…斎藤佑樹が仲間の大切さを学んだ3年間 【ニュース - コラム】
第74回 斎藤佑樹が歩んだ早実の3年間 「自ら考え、実践する野球が最後に結実!」【後編】【高校野球コラム】
第73回 斎藤佑樹が歩んだ早実の3年間 「打たれた経験も、猛勉強した経験も成長には欠かせないものだった」【前編】【高校野球コラム】
第9回 ドラフト指名が10人!2017年U-18ワールドカップで優勝したアメリカ代表の現在地【世界の高校野球】
第820回 動画で振り返るミレニアム世代のトップランナー!根尾昂(大阪桐蔭)が見せた圧倒的身体能力とひりつくような熱気【大会展望・総括コラム】
第14回 東京城南ボーイズ(東京)選手の伸びしろを考え高校での活躍を優先する【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第837回 野村佑希も認めるクラッチヒッター・井上朋也(花咲徳栄)3年間で師匠を超える! 【2018年インタビュー】
第835回 非日常だった甲子園での日々 高校3年間はかけがえのない思い出 MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.3 【2018年インタビュー】
第821回 選抜連覇のPL学園を奇襲で破る!激戦の末甲子園へ MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.2 【2018年インタビュー】
第817回 3年連続の聖地へ!目指すは全国区のショートストップ!韮澤雄也(花咲徳栄)の決意 【2018年インタビュー】
智辯和歌山vs大阪桐蔭【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs橿原【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs関大北陽【大阪府 2018年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
札幌大谷vs駒大苫小牧【北海道 2018年秋の大会 第71回秋季北海道高校野球大会】
駒大苫小牧vs札幌新川【北海道 2018年秋の大会 第71回秋季北海道高校野球大会】
田中 将大(駒大苫小牧) 【選手名鑑】
野村 佑希(花咲徳栄) 【選手名鑑】
森 友哉(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
駒大苫小牧 【高校別データ】
花咲徳栄 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
ベスト8進出を決めるのは?12日目4試合の見どころ!
次の記事:
浦和学院・渡辺が圧巻の完封勝利を収めた!大会12日目の4試合を徹底レポート【選手権大会】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る