花咲徳栄・野村佑希の夏が幕を閉じる。史上3人目の2年連続甲子園2本以上を達成!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.08.16

 第100回全国高校野球選手権大会は、甲子園球場を舞台に史上最多の56校が深紅の大優勝旗を目指し熱戦を繰り広げている。すでに1回戦の日程はすべて終了しており、夏連覇を目指す花咲徳栄(北埼玉)は順当に勝ち上がった。

エースで4番の野村が1発


花咲徳栄の軸・野村 佑希

 ドラフト候補として注目を浴びている野村 佑希花咲徳栄)は「4番・投手」として鳴門戦(徳島)にフル出場。序盤に4失点を喫するなど、投手としては9回5失点といまひとつだったが、打者としては1発を放ち存在感を見せた。

 野村は昨夏の甲子園でも2年生ながら「4番・一塁」として全試合にスタメン出場している。その6試合で打率.520(25打数13安打)、2本塁打、6打点と優勝に大きく貢献。今大会はそれ以上の成績を残し2004年・2005年の駒大苫小牧(南北海道)以来となる夏連覇を目指した夏であった。

 しかし過去99回の歴史において、わずか5度しか達成されていないことからも、簡単なことではないのがよくわかる。

森友哉、田中将大でも届かなかった偉業


大阪桐蔭時代の森 友哉

 この野村のように2年時に主力として活躍した選手が、翌年の甲子園で再び脚光を浴びることは少なくない。

 近年では森 友哉大阪桐蔭→西武)もそのひとりだろう。森は藤浪 晋太郎(現・阪神)を擁し、2012年に大阪桐蔭が春夏連覇を達成した際、1学年下ながら正捕手として投手陣をリードしていた。

 この大会では5試合で打率.400(20打数8安打)、2本塁打、2打点の活躍でU-18日本代表にも選ばれている。藤浪ら主力が抜けた翌年も、森は大阪大会を勝ち抜き聖地に戻り、打率.500(12打数6安打)、2本塁打、4打点とここでも大活躍。チームは3回戦で敗退したものの、「強打の捕手」として大きく取り上げられる存在だった。

 現時点で最後の夏連覇達成校となる駒大苫小牧のエースだった田中 将大(現・ヤンキース)もそうだ。2年時は決勝戦で2年生史上初となる150キロを投じ胴上げ投手になると、翌年はエースとして聖地に戻ってきた。

 夏3連覇を目指し勝ち進んだチームは、決勝で早稲田実業(西東京)の斎藤 佑樹(現・日本ハム)と死闘を演じ延長18回再試合となる。再試合では最後の打者となり惜しくも敗れたものの、気迫溢れる投球を見せてくれたことは記憶に新しい。その後の活躍は言うまでもないだろう。

 そして野村は森に並ぶ記録を成し遂げた。2回戦の横浜戦で左腕・及川 雅貴から本塁打。2年続けて夏の甲子園2本塁打以上を打っている打者は清原和博、森 友哉の2人しかない。いずれもプロで活躍しているスラッガーに並んだ野村が目指すはもちろんプロの舞台でもスラッガーになることである。

(文:勝田 聡)

【関連記事】
札幌大谷vs札幌第一!センバツ出場校同士が初戦から激突!【春季北海道大会・抽選結果】 【ニュース - 高校野球関連】
俳優・吉村卓也が選ぶ平成の甲子園スターベスト5を紹介!【投手編】 【ニュース - コラム】
第27回 平成の甲子園を沸かせたスター選手!吉村卓也的ベスト5!【投手編】【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第907回 夏の大会で活躍するのは俺たちだ!春季埼玉県大会を総括!【後編】【大会展望・総括コラム】
第95回 浦和学院(埼玉)編「好投手を輩出し続ける投手王国・浦和学院のつながり」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第956回 刺激を受けて、子供たちに刺激を与える選手に 森木大智(高知)【後編】 【2019年インタビュー】
第78回 平成最後の日。平成の怪物と呼ばれた投手を振り返る【高校野球コラム】
東農大三vs花咲徳栄【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
花咲徳栄vs聖望学園【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
花咲徳栄vs春日部東【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
第949回 「3年間で5回甲子園に出場したい」 目指すは高卒ドラ1でプロ入り! 中森俊介(明石商)【後編】 【2019年インタビュー】
花咲徳栄vs伊奈学園【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
第884回 浦和学院vs白岡など今年の埼玉はシード争いと関東大会出場争いが例年以上に熱い!【大会展望・総括コラム】
第940回 強打で掴んだタイガースカップ敢闘賞 沖寛太(紀州ボーイズ) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第917回 投手として打者として「打倒・大阪桐蔭」を目指す 小畠一心(オール住之江ヤング)【後編】 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第912回 貪欲な強肩強打捕手・石崎聖太郎(春日部共栄)「同世代のキャッチャーに負けたくない!」 【2019年インタビュー】
智辯和歌山vs大阪桐蔭【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
田中 将大(駒大苫小牧) 【選手名鑑】
野村 佑希(花咲徳栄) 【選手名鑑】
森 友哉(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
駒大苫小牧 【高校別データ】
花咲徳栄 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
ベスト8進出を決めるのは?12日目4試合の見どころ!
次の記事:
浦和学院・渡辺が圧巻の完封勝利を収めた!大会12日目の4試合を徹底レポート【選手権大会】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る