慶應義塾・宮尾の判断!1点をめぐる攻防にあったあるプレー

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.03.29

 第90回記念選抜高等学校野球大会6日目は3試合が行われました。今回は投手戦となった第1試合から。

 終盤は慶應義塾善波 力選手の逆転2点タイムリーや。彦根東高内 希主将の再逆転となる3ランで盛り上がりましたが、中盤まではいかに失点を防ぐかという展開でした。その中でシビれる場面として取り上げたいのが、7回表の彦根東の攻撃。2アウト二塁という局面です。ここで彦根東の9番・永井 結登選手が三遊間へ深めのゴロを放ち、内野安打性の当たりでした。処理した慶應義塾のショート・宮尾 将選手は一塁に投げようか少しだけ考えしたが、間に合わないかもしれないと判断し、無理に投げませんでした。ここでポイントなのが2アウトだったため、二塁走者(川嶋 清太選手)が三塁に達していたことです。『一塁に投げてもアウトにできないかもしれない』と判断しても、通常はダメ元で投げてしまいがちになるものです。しかし宮尾選手は投げるという選択を消しました。

 試合後、宮尾選手に「一塁へ投げると、二塁走者が本塁を狙うかもという思いもあったのですか?」と質問しました。答えは「それもありました」。

 一塁へ投げて、もしセーフだったら、本塁へ走られて1点を取られるかもしれない。昨夏に見せたように観衆がビックリするようなプレーを持ってい彦根東ならば、ショートが投げた瞬間に本塁へGOという戦術があっても不思議はありません。

 一瞬の判断で難しいところもありますが、結果的にこのイニングを無失点に抑え、次の回に善波選手の一打で一度は逆転したことを考えると、宮尾選手の判断は好プレーだったと言えるのではないでしょうか。

 大会第6日の結果です。今大会では主演である選手と同じく、グラウンドで試合を作る共演者と言うべきジャッジをする審判の方と一緒に紹介しています。( )は各都道府県の持ち回りの派遣審判です。


第90回記念選抜高等学校野球大会
2回戦 彦根東   4  -  3   慶應義塾 阪神甲子園球場 レポート 応援メッセージ (7)
乙訓   7  -  2   おかやま山陽 阪神甲子園球場 レポート 応援メッセージ (6)
近江   8  -  5   松山聖陵 阪神甲子園球場 レポート 応援メッセージ (3)
2018年 高校野球フェア
第1試合 岐阜各務野 16  -  6   滋賀学園 KYBスタジアム 応援メッセージ
第2試合 滋賀学園   4  -  4   岐阜各務野 KYBスタジアム 応援メッセージ

今日は大会第7日。第3試合は3回戦です。

第90回記念選抜高等学校野球大会
3回戦 東海大相模   8  -  1   静岡 阪神甲子園球場 レポート 応援メッセージ (6)
2回戦 星稜 11  -  2   富島 阪神甲子園球場 レポート 応援メッセージ (1)
三重   8  -  0   日大三 阪神甲子園球場 レポート 応援メッセージ (2)

関連記事
● 観戦レポート:彦根東vs慶應義塾「最後まで直球勝負を貫いた増居翔太(彦根東)」
● いよいよ開幕!センバツ開会式を120%楽しむ方法
● 選抜出場!36校のユニークな練習とは?
● 36校の主将が心がけていること、苦労したこと
● センバツに出場する注目プレイヤーのインタビュー&動画をまとめて紹介!

(文:松倉 雄太)

【関連記事】
侍ジャパン大学代表強化合宿最終日 個の能力を高め「ONE TEAM」の2020へ 【ニュース - 高校野球関連】
侍ジャパン大学代表強化合宿第2日 2試合・14イニング紅白戦で見えた「2020侍ジャパン大学代表」 【ニュース - 高校野球関連】
慶應義塾大vs城西国際大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
慶應義塾大vs関西大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
慶應義塾大vs東海大学札幌キャンパス【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
桐光学園vs慶應義塾【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第937回 【神奈川大会総括】東海大相模圧巻の強さも魅せ4年ぶりV!公立校の躍進が目立つ!【大会展望・総括コラム】
東海大相模vs慶應義塾【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第933回 近江を止めるのはどこだ?滋賀学園、光泉ら力校が追随する!【滋賀大会展望】【大会展望・総括コラム】
第918回 横浜、東海大相模を阻む学校は現れるか?ノーシードの実力校も分析!【後編】【大会展望・総括コラム】
第918回 日大藤沢ブロックが最も熾烈!鎌倉学園、桐光学園の戦いの行方は?【前編】【大会展望・総括コラム】
第696回 谷田成吾(徳島インディゴソックス)「泥にまみれ、必ずNPBへ」 【2018年インタビュー】
第452回 加藤 拓也投手(慶應義塾高-慶應義塾大)「プロの世界では自分が勝負できるもので勝負したい」 【2016年インタビュー】
第5回 第96回選手権神奈川大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
慶應義塾 【高校別データ】
彦根東 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
ウインターリーグでも若鷹軍団が躍動!来季が楽しみな4人の逸材たち
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る