中央学院が初の選抜切符!大谷-池田の強力バッテリーで初勝利をつかむ!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.01.26

中央学院が初の選抜切符!大谷-池田の強力バッテリーで初勝利をつかむ!

 1月26日、第90回選抜高校野球大会の出場36校を決める選考委員会が開かれ、千葉県の中央学院高校が出場することが発表された。中央学院は昨秋、県大会で強豪・習志野を破り、関東大会出場を決めると、関東大会では初戦の花咲徳栄に逆転勝利。準々決勝では霞ヶ浦に勝利し、選抜へ大きく前進。準決勝では東海大相模相手に延長の末、勝利。決勝の明秀学園日立戦では、長沼 航が3ランを放ち、逆転に成功。接戦の末、6対5で破り、関東大会優勝を決めた。神宮大会では初戦敗退を喫したが、充実の秋を送った。

 注目選手は、二刀流・大谷 拓海。投げては最速145キロの速球、切れ味鋭いスライダー、フォークをコンビネーションに勝負。また高校通算23本塁打を放つ長打力も魅力だ。捕手の池田 翔は内野手出身。指導スタッフから野球頭脳の高さとスローイング能力の高さを見込まれ捕手へ転向。長打力、巧みなリード、強肩を武器に連日の試合で活躍。スタッフたちも「池田抜きでは関東大会優勝は到底考えられない」と全幅の信頼を置く捕手だ。

 初の甲子園出場では関東大会で発揮した実戦の強さを見せつけ、全国初勝利をつかむ。

【戦歴・選手名鑑】  中央学院

【関連記事】
第42回 中央学院高等学校(西千葉)【初出場】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第44回 中越高等学校(新潟)【2年ぶり11回目】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第30回 慶應義塾高等学校(北神奈川)【10年ぶり18回目】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
プロで活躍するOBに吉報を! 福岡県は南北ともに夏の甲子園初出場 【ニュース - 高校野球関連】
今年はスター選手が目白押し!100回大会に出場する注目野手を紹介! 【ニュース - コラム】
第741回 ミレニアム世代の有力野手が一挙集結!大会を沸かせるバッターたち【大会展望・総括コラム】
第740回 木更津総合、黄金時代の到来 中央学院、壁を破り初の選手権出場【大会展望・総括コラム】
済美vs中央学院【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
中央学院vs東京学館浦安【千葉県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 西千葉大会】
中央学院vs習志野【千葉県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 西千葉大会】
専大松戸vs中央学院【千葉県 2018年春の大会 千葉県大会】
中央学院vs東葉【千葉県 2018年春の大会 千葉県大会】
第639回 大谷拓海(中央学院)「応援してもらえる二刀流プレイヤーに」 【2018年インタビュー】
第3回 第96回選手権千葉大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
第24回 株式会社デュアルアームス 代表取締役 倉持 学さん 【2008年インタビュー】
中央学院 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【高校野球 春季大会】春季秋田県大会地区予選の組み合わせ決まる!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る