タイブレーク、来春センバツから導入決定!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2017.09.19

 


タイブレーク、来春センバツから導入決定!

 日本高校野球連盟は19日、来春開催される第90回記念選抜大会でのタイブレーク制の採用を決定した。さらに、第100回記念全国高等学校野球選手権でも導入の見通しが立っていることも発表。
来春の選抜大会から実施される「タイブレーク規定」は延長13回からの導入となる。細かなルールについては今後、日本高校野球連盟で議論されるもよう。
 3年前に編集部独自で1000名を対象にし調査した「タイブレーク導入賛成・反対」では、7割以上が反対票を投じたが、今春の選抜大会では、延長再試合が春夏通じて初めて2試合行われるなど、導入に対しての賛成意見が増えていったことは事実だ。
 また、日本高野連が今年5月に実施した47都道府県の高野連への「タイブレーク導入」に関するアンケートでは、38連盟が「おおむね賛成」と回答。さらに、6月の技術・振興委員会でも、「選手の障害予防の検討」などをテーマに話し合いが重ねられてきた。
 今回の制度変更に伴い、今後の高校野球はどう変化していくのか。甲子園で初めて導入される第90回記念選抜大会に注目が集まる。

【関連記事】
動画で学ぶタイブレークの戦い方!そしてバントの重要性! 【ニュース - コラム】
第70回 【動画】佐久長聖vs旭川大高の試合から考えるタイブレークでのバントの重要性【高校野球コラム】
降雨コールドを正しく理解している?ルールを知ると野球がもっと楽しくなる! 【ニュース - その他】

コメントを投稿する

前の記事:
【選手権大阪大会】履正社・寺島成輝が貫録の投球で準々決勝へ!7/27の3試合を徹底レポート!
次の記事:
浦和学院、いざ5年ぶりの甲子園へ!決勝戦を徹底レポート【埼玉大会】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る