日本文理、新潟明訓らがコールド発進!【新潟県大会秋季大会・17日の結果】

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2017.09.17

【新潟県大会秋季大会】
日本文理、新潟明訓らがコールド発進!

 9月17日、第137回北信越地区高等学校野球新潟県大会が開幕を迎え、1回戦7試合が行われた。

 夏代表の日本文理関根学園と対戦し、9対2の7回コールドで日本文理が勝利。また、新潟明訓vs長岡工の対戦は新潟明訓が8対0の7回コールドで長岡工を下している。その他、17日に行われた7試合の結果は下記の通り。

■詳細日程・応援メッセージ
第137回北信越地区高等学校野球新潟県大会

◇17日開催予定の試合

第137回北信越地区高等学校野球新潟県大会
1回戦 北越 10  -  3   帝京長岡 新発田市五十公野公園野球場 応援メッセージ
新潟西   3  -  2   十日町 新発田市五十公野公園野球場 応援メッセージ
高田北城 10  -  9   新潟一 新潟市みどりと森の運動公園野球場 レポート 応援メッセージ
日本文理   9  -  2   関根学園 新潟市みどりと森の運動公園野球場 レポート 応援メッセージ
加茂暁星   4  -  1   上越 長岡市悠久山野球場 応援メッセージ
新潟明訓   8  -  0   長岡工 長岡市悠久山野球場 応援メッセージ
長岡大手   2  -  1   村上桜ヶ丘 三条パール金属スタジアム 応援メッセージ (1)
【関連記事】
【プロ志望届提出者ニュース】鈴木裕太(日本文理)、宜保 翔(未来沖縄)など16名が提出! 【ニュース - 高校野球関連】
第3回 「やっぱり漢字がいいね」の一声で変わった強豪校のユニフォームデザイン  【「奥深い高校野球談議」ライター・手束仁×副編集長・河嶋宗一 】
山川穂高が怪物の片鱗を見せていた時代、雄星や筒香などが躍動! 【ニュース - コラム】
第28回 山川穂高が沖縄で怪物の片りんを見せていた時代、甲子園には菊池雄星がいた【高校野球ヒストリー】
第721回 1回戦から名門校対決が実現!最初から目が離せない新潟の夏を徹底解剖!【大会展望・総括コラム】
日本文理vs金沢学院【2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球大会】
日本文理vs坂井【2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球大会】
日本文理vs加茂暁星【新潟県 2018年春の大会 第138回春季新潟県大会】
関根学園vs中越【新潟県 2018年春の大会 第138回春季新潟県大会】
日本文理vs新津南【新潟県 2018年春の大会 第138回春季新潟県大会】
第643回 県2強日本文理・中越に続くチームの存在【大会展望・総括コラム】
第480回 日本文理【後編】悩み、学び、考える新潟の長い冬【野球部訪問】
第644回 鈴木裕太(日本文理)「すべては新潟県に優勝旗を持ち帰るため」【後編】 【2018年インタビュー】
第642回 鈴木裕太(日本文理)『信越の剛腕』誕生の瞬間 【前編】 【2018年インタビュー】
第516回 若林 尚希さん(日本文理出身)「県勢初の夏準Vに導いた名捕手が振り返るセンバツの思い出」 【2017年インタビュー】
第217回 飯塚 悟史選手(日本文理高等学校) 【後編】 【2014年インタビュー】
第216回 飯塚 悟史選手(日本文理高等学校) 【前編】 【2014年インタビュー】
関根学園 【高校別データ】
長岡工 【高校別データ】
新潟明訓 【高校別データ】
日本文理 【高校別データ】
日本文理大附 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
エルゴメーターで自分を追い込め!全国マシンローイング大会 近畿大会開催!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る