大阪桐蔭最強の2番手・澤田圭佑(オリックス)がドラフト8位からの逆襲を目指す!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2017.02.27

澤田圭佑(オリックス)写真は大阪桐蔭時代

大阪桐蔭最強の2番手・澤田圭佑(オリックス)がドラフト8位からの逆襲を目指す!

 オリックスの澤田 圭佑大阪桐蔭出身)が一軍に昇格して、好アピールを見せている。26日、韓国・斗山との練習試合で、1回無失点の好投。ここまでの実戦で3試合連続無失点を記録している。

 そんな澤田は高校時代、最強の2番手投手として知られた投手である。えひめ西シニア時代から全国の舞台を経験し、鳴り物入りで大阪桐蔭に入学。3年間、藤浪 晋太郎の控えであったが、それでも首脳陣からの評判は非常に高い投手であった。澤田が藤浪より優れていたのは安定感とコントロール。

 実戦練習では、ほぼ四球を出すことなく、終えることができていたという。実際、澤田は春、夏で1試合ずつマウンドに登っているが、浦和学院戦では5回を投げて無失点と藤浪につなぎ、さらに無四球。夏では済々黌戦に登板し、4四死球を与えてしまったが、それでも要所を締めて、2失点完投勝利と、甲子園登板2試合では危なげない投球を見せた。

 そして高校卒業後は、立教大へ進学し、大学4年間は立教大のエースとして活躍。69試合に登板、通算22勝16敗、防御率2.24と好成績。四死球率は1.99と1試合平均2個以内に抑えている。さらに二度の大学代表。ドラフト8位指名だが、実績度は昨年指名された大学生投手の中でもトップクラスだろう。実際に先日の試合では、伸びのあるストレートを外角にきっちり投げ分けるだけではなく、高めへのつり球も使って三振を奪い、スライダー、カットボール、チェンジアップ、カーブを巧みに投げ分けができていた。そんな投手を8位指名なのだからお得感がある指名である。

 オリックスは昨年、最下位に終わった。それだけに多くの新戦力が出てくることが期待されている。その中で、澤田が出てくるとなれば、オリックスにとって嬉しいことだろう。

 大阪桐蔭時代は2番手ながら、数々のピンチを潜り抜け、絶大な信頼をされた澤田。今度はオリックスでも首脳陣の信頼を勝ち取り、開幕一軍をゲットする。

このページのトップへ

【関連記事】
それぞれの舞台で伝説は続く!松坂大輔と松坂世代の選手たちの今と未来 【ニュース - コラム】
第77回 松坂世代の現在 現役を続けている選手 指導者になった選手【高校野球コラム】
大谷世代の社会人がドラフト解禁!好選手タイプからドラフト指名候補へ成長した選手たち 【ニュース - コラム】
第186回 大谷世代の社会人がいよいよプロへ!好選手タイプからドラフト指名候補へ成長した選手たち【ドラフト特集】
第646回 オリックス・バファローズ 山岡泰輔(瀬戸内高校出身)投手【後編】なかなか体重が増えなかったがFUを飲みだしたら7㎏増えた! 【2018年インタビュー】
第641回 オリックス・バファローズ・山岡泰輔(瀬戸内高校出身)投手【前編】なかなか体重が増えなかったがFUを飲みだしたら7㎏増えた! 【2018年インタビュー】
第625回 吉田 正尚選手(オリックス・バファローズ)後編「身体が小さくてもホームランは追求できる」 【2017年インタビュー】
第624回 吉田 正尚選手(オリックス・バファローズ)前編「自分で見つけたスイングが一番強い」 【2017年インタビュー】
第73回 大阪桐蔭(大阪)編「2000年代史上最強の超強豪校・大阪桐蔭のつながり!」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第113回 【小関順二のドラフト指名予想】オリックス・バファローズ編 「最もチームが必要とする補強ポイントは投手だ」【ドラフト特集】
第448回 吉田 正尚選手(オリックス・バファローズ)「3パターンのスイングを使い分けることで幅広い打撃ができる」【後編】 【2016年インタビュー】
第27回 イチローから学べる「自分の役割」を見出し術【先輩から学べ】
澤田 圭佑(大阪桐蔭) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

次の記事:
平成から「9」の年に行われた選抜優勝チームの共通事項は?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る