履正社が打撃戦を制し、初優勝!!【神宮大会】

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2016.11.15

清宮 幸太郎 (早稲田実業)

■履正社が打撃戦を制し、初優勝!!

 11月14日、明治神宮大会高校の部は最終日を迎えた。
決勝戦・早稲田実業vs履正社の試合経過を速報でお届け!

 「安田君に負けない活躍をしたい」。神宮大会開会式でそう語った清宮 幸太郎。1年のときから大注目を浴びてきた二人のスラッガーが、ついに激突する。

 準決勝では、野村 大樹が3安打4打点の活躍を見せ、福岡大大濠6対4で破った早稲田実業。対する履正社も、札幌第一7対2と、自慢の強力打線で圧勝している。果たして優勝はどちらの手に?!

 速報の結果は下記リンクより!

■決勝・早稲田実業vs履正社
【試合速報ページ】

■明治神宮外苑創建90年記念 第47回明治神宮野球大会
試合日程・応援メッセージ組み合わせ表

【関連記事】
フォーム改造、全国制覇…斎藤佑樹が仲間の大切さを学んだ3年間 【ニュース - コラム】
第74回 斎藤佑樹が歩んだ早実の3年間 「自ら考え、実践する野球が最後に結実!」【後編】【高校野球コラム】
第5回 早稲田実業と早大学院のユニフォームの違いってどこ?大学系列校のユニフォームトリビア!【「奥深い高校野球談議」ライター・手束仁×副編集長・河嶋宗一 】
主将兼監督!?斎藤佑樹が語る、早稲田実業入学のキッカケや苦悩とは? 【ニュース - コラム】
第73回 斎藤佑樹が歩んだ早実の3年間 「打たれた経験も、猛勉強した経験も成長には欠かせないものだった」【前編】【高校野球コラム】
第22回 「2018実りの秋」から「2019開花の春」へ【四国発】
第815回 史上3校目の選抜連覇を達成!大阪桐蔭の1年間の軌跡「手探りの秋、逞しさが出た選抜」【前編】【大会展望・総括コラム】
札幌大谷vs龍谷大平安【2018年 第49回明治神宮野球大会】
龍谷大平安vs履正社【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
第809回 真っすぐで押し切れる強さを!さらなる飛躍を誓う伊藤大征(早稲田実)! 【2018年インタビュー】
第808回 主将は背中で示す!行動でチームを引っ張る、生沼弥真人(早稲田実業)の主将像 【2018年インタビュー】
第805回 近畿大会ナンバーワン左腕へ!辛苦を乗り越えた清水大成(履正社) 【2018年インタビュー】
早稲田実業vs日体大荏原【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
東海大菅生vs早稲田実業【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
履正社vs福知山成美【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
第795回 覚悟の強さこそが最大の武器!靏仁(石見智翠館)のプロへの想い!【後編】 【2018年インタビュー】
第794回 投手一本で飛び込んだ高校野球  靏仁がエースになるまで【前編】 【2018年インタビュー】
履正社 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
真颯館が九州国際大付から1点を奪って逃げ切り優勝!【北九州地区大会】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る