清宮幸太郎(早稲田実業)

【明治神宮大会】今年の決勝は史上初の東京vs大阪対決!準決勝2試合を徹底レポート!

11月14日、明治神宮外苑創建90年記念 第47回明治神宮野球大会は準決勝2試合が行われた。

 第1試合は早稲田実業福岡大大濠三浦 銀二を攻略。4番野村 大樹が3安打4打点の大活躍。清宮も二塁打を放ち、復調を示している。6対4の競り合いを制し、3度目の決勝進出を果たした。

 そして第2試合は履正社は6番松原、7番片山といった下位打線が大当たり。隙の無い試合運びで初の決勝進出を果たしている

詳しくは下記レポートをチェック!試合写真もぜひごらんください!

観戦記事

【明治神宮大会 準決勝】
早稲田実業vs福岡大大濠
清宮、野村の威力まざまざ。早実、福岡大大濠に打ち勝ち36年ぶりの決勝進出

【明治神宮大会 準決勝】
履正社vs札幌第一
履正社、3回の集中打で札幌第一を下し決勝進出