【明治神宮大会】今年の決勝は史上初の東京vs大阪対決!準決勝2試合を徹底レポート!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2016.11.15

清宮幸太郎(早稲田実業)

【明治神宮大会】今年の決勝は史上初の東京vs大阪対決!準決勝2試合を徹底レポート!

11月14日、明治神宮外苑創建90年記念 第47回明治神宮野球大会は準決勝2試合が行われた。

 第1試合は早稲田実業福岡大大濠三浦 銀二を攻略。4番野村 大樹が3安打4打点の大活躍。清宮も二塁打を放ち、復調を示している。6対4の競り合いを制し、3度目の決勝進出を果たした。

 そして第2試合は履正社は6番松原、7番片山といった下位打線が大当たり。隙の無い試合運びで初の決勝進出を果たしている

詳しくは下記レポートをチェック!試合写真もぜひごらんください!

観戦記事

【明治神宮大会 準決勝】
早稲田実業vs福岡大大濠
清宮、野村の威力まざまざ。早実、福岡大大濠に打ち勝ち36年ぶりの決勝進出

【明治神宮大会 準決勝】
履正社vs札幌第一
履正社、3回の集中打で札幌第一を下し決勝進出

【関連記事】
第54回 U18大会では切り札的な活躍を見せている背番号「11」を背負った歴代の好投手たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
ヤクルト、楽天はチャレンジャー?過去10年の高卒1位競合選手からドラフトを振り返る! 【ニュース - コラム】
第226回 高卒選手に最もチャレンジしているのはヤクルト・楽天?!過去10年の高卒1位競合選手から見るドラフト【ドラフト特集コラム】
リーグ優勝を携えNPBヘ!加藤 雅樹(早稲田大)が語るラストシーズンへの意気込み 【ニュース - インタビュー】
第1023回 加藤 雅樹(早稲田実業ー早稲田大)目指すは絶対優勝とプロ入り 【2019年インタビュー】
第19回 奥川恭伸(星稜)の課題はコンディショニング。焦らず最善のピッチングを【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第964回 【第101回選手権大会総括】星稜vs智辯和歌山で炙り出された今大会の象徴【大会展望・総括コラム】
履正社vs星稜【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第62回 令和最初の甲子園は履正社が優勝!ベストナインを発表!【101回大会特集】
履正社vs明石商【第101回全国高等学校野球選手権大会】
履正社vs関東一【第101回全国高等学校野球選手権大会】
履正社vs高岡商【第101回全国高等学校野球選手権大会】
履正社vs津田学園【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1011回 不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 【2019年インタビュー】
第979回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
第969回 史上初2度目の春夏連覇を達成の影に高校生活で最も厳しい練習があった 青地斗舞(同志社大)【後編】 【2019年インタビュー】
第959回 ライバルたちから刺激を受け、一歩ずつ自らの足で高みを目指す!雪山幹太(早稲田大) 【2019年インタビュー】
札幌第一 【高校別データ】
福岡大大濠 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【動画】仁志敏久から学ぶ!野球の基礎・基本【守備編】 第3回 『ゴロを捕る流れを覚えよう』
次の記事:
【ドラフトニュース】走攻守すべてが高水準・武岡龍世、伸びのあるボールの武器・前佑囲斗。そして世代屈指の左腕・宮城大弥がプロへ挑む!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る