第91回全国高校学校野球選手権、結果

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2009.08.19

大会10日目

 大会前、天理の選手が新型インフルエンザに感染し、プロ野球や角界でも新型インフルエンザが猛威をふるっている中、本日の試合がある立正大淞南・PL学園の選手も一部、新型インフルエンザを発症しチームを離れた。そんな中、仲間を思いながら甲子園では負けられない戦いが繰り広げられた。

第1試合,岐阜商業(岐阜)とPL学園(大阪)の対戦。 県岐阜商はPL学園の守備の乱れを確実に活かし効果的に得点。3回までに3点差をつけ、以降はPLが得点する度に突き放し試合を優位に進める。PLは4回1死満塁の好機で1点にとどまったのが響いた。勝った岐阜商業は31年ぶりのベスト8進出。

第2試合は日本文理打線が爆発。毎回の20安打で日本航空石川を圧倒。投げてはエース・伊藤が10安打で5点を失うも13奪三振と力投。初のベスト8進出を決めた。

第3試合はインフルエンザなどの影響で4選手が欠場し、ベンチ入りメンバー14人で望む立正大淞南(島根)と東農大二(群馬)の対戦。立正大淞南は2点リードされた六回、崎田のタイムリーで1点差にすると、八回には崎田の犠飛で同点に追い付く。さらに九回表2アウトから林田が三塁打で出塁。小野の適時二塁打で逆転に成功した。投げてはエース崎田が完投。初のベスト8へ駒を進めた。

第4試合、帝京(東東京)と九州国際大付の試合は1対3と九州国際大付のリードで向かえた8回裏、帝京が相手の守備の乱れから同点に追い付くと9回裏、1アウト満塁から金子がライトの頭上を越えるサヨナラ安打。2年ぶりにベスト8に進出。試合の終盤リードされた場面からの逆転。接戦を制した帝京はまた一つたくましくなり準々決勝を迎える。


 

【本日の試合結果】
第1試合:岐阜商業(岐阜) 6-3 PL学園(大阪)
第2試合:日本文理(新潟) 12-5 日本航空石川(石川)
第3試合:立正大淞南(島根) 4-2 東農大二(群馬)
第4試合:帝京(東東京) 4-3 九州国際大付(福岡)

【第91回組合せ】(8月18日現在)
8月20日第1試合:明豊(大分)vs 常葉橘(静岡)第2試合:長野日大(長野) vs 中京大中京(愛知)第3試合:花巻東(岩手)vs 東北(宮城)第4試合:都城商業(宮崎)vs  



【第91回大会出場校】(8月1日現在)
北海道旭川大(北北海道)・札幌第一(南北海道)
東北青森山田(青森)・明桜(秋田)・花巻東(岩手)・坂田南(山形)・東北(宮城)・聖光学院(福島)
関東作新学院(栃木)・八千代東(千葉)・山梨学院大府(山梨)常総学院(茨城)・東農大二(群馬)・聖望学園(埼玉)・横浜隼人(神奈川)
東京 帝京(東東京)・日大三(西東京)
東海 常葉橘(静岡)・県岐商(岐阜)・中京大中京(愛知)・三重(三重)
北信越日本文理(新潟)・長野日大(長野)・南砺福野(富山)・日本航空石川(石川)・敦賀気比(福井)
近畿PL学園(大阪)・龍谷大平安(京都)・天理(奈良)・関西学院(兵庫)・滋賀学園(滋賀)・智弁和歌山(和歌山)
中国倉敷商(岡山)如水館(広島)・鳥取城北(鳥取)・華陵(山口)・立正大淞南(島根)
四国西条(愛媛)・高知(高知)・寒川(香川)・徳島北(徳島) 
九州九州国際大付(福岡)・伊万里農林(佐賀)・長崎日大(長崎)・都城商(宮崎)・明豊(大分)・熊本工(熊本)・樟南(鹿児島)・興南(沖縄)


Mizuno GlobalElite

コメントを投稿する

次の記事:
遅れてきた未完の大器。支配下を目指す2年目の育成・清宮虎多朗(八千代松陰出身)
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る