【全国】東海大会大会 常葉菊川が大会初優勝 静岡県勢対決を制す

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2013.05.26

【写真:痛烈な2塁打を放った常葉菊川・松木】

東海大会最終日。東海を制する学校はどこか。東海最強を決める決勝戦が行われた。
静岡・岐阜・愛知・三重の東海4県の中で、今年は静岡県に逸材が揃っていると評判だ。そんな活況を証明するかのように、東海大会決勝は「静岡県勢対決」となった。試合は打線が好調な常葉菊川が粘る静岡を6対5で振り切り、大会初優勝の栄冠を手にした。


《第60回春季高校野球東海大会》

◆ 常葉菊川が大会初優勝 遠藤康平が殊勲弾
【決勝】 常葉菊川vs静岡(5月26日)


【応援メッセージはこちら】
大会結果、応援メッセージ

【春季大会特集】
各都道府県の春季大会を徹底レポート。高校野球もいよいよシーズン到来です。
春季大会特集

【高校野球ドットコム編集部】
ドットコムTwitter
ドットコムfacebook

コメントを投稿する

次の記事:
鳴門、鳴門渦潮など甲子園常連校がノーシード!徳島の春季大会の組み合わせが決定!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る