【ドラフト2012】「1年目からやる」柿澤貴裕(神村学園)・東北楽天ゴールデンイーグルス6位指名

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2012.10.26

【写真:柿澤貴裕投手】

【ドラフト会議2012】
「1年目からやる」・柿澤貴裕(神村学園)

神村学園高の柿澤 貴裕(3年)が楽天から6位指名。夢のプロ野球選手への扉を開き「人生で一番うれしい日。これまで支えてくれた人への感謝を忘れず、1年目から活躍できる選手になりたい」と意気込みを語った。

会議が始まってからは、野球部寮で3年生のチームメートと「吉報」を待った。「下位指名だと聞いていたので、本当に指名されるか不安だった」という。第1報はドラフト会場にいた母・成美さんから電話で届いた。

楽天については「球界を代表するエース田中投手がいてレベルの高いチーム」との印象。投手、打者の両方で活躍が期待されるが、本人は「ずっと投手をやっていたので、できれば投手としてやっていきたい」と希望する。「1球目から強気の直球勝負が自分のスタイル。ただ、今のスピードではプロではまだ通用しないので、身体作りから頑張っていきたい」と抱負を語った。中等部時代の恩師・小田大介監督から渡されたボールには恩師の言葉である「凡事徹底」と書いた。

同校出身のプロは野上亮磨(西武)に続いて2人目で、同校から直接プロに行くのは初めて。山本常夫監督にとっては教え子のプロ第1号になる。「身体能力は並外れたものを持っている。今までよりももっと厳しい世界に飛び込むけど、頑張って良い知らせが届くことを期待している」と喜びを語った。チームメートの新納 真哉(3年)は「自分たちの代からプロ選手が出たことがうれしいし、尊敬している。プロでも活躍して欲しい」とエールを送っていた。

【プロフィール】
かきざわ・たかひろ。1994年7月30日生まれ。小学1年から野球を始め、高校では2年夏、3年春、同夏と3季連続甲子園出場を果たし、最後の夏はエースで4番打者、投打の主軸として活躍した。最速148キロ直球に加えて多彩な変化球を持ち、打者としても高校通算28本塁打を放つなどスイングスピードの速さと勝負強さに定評がある。179センチ、80キロ。

ドラフト会議2012 抽選結果

引き続き、育成枠の指名が行われる。なお、ドラフト会議開催時はベースボールドットコム、ドラフト会議特設サイト、TwitterFacebookにて抽選結果を配信。

プロ野球ドラフト会議2012特設サイト

【関連記事】
埼玉西武ライオンズ3位・伊藤翔投手(徳島インディゴソックス)と大塚晶文氏の知られざる関係性 【ニュース - コラム】
「プロの世界、誰が成功するかはわからない!」芸人・吉村卓也がドラフト会議2017を振り返る 【ニュース - コラム】
第14回 「プロの世界、誰が成功するかはわからない!」芸人・吉村卓也がドラフト会議2017を振り返る【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第137回 西武から3位指名!伊藤翔(徳島インディゴソックス・投手)仮契約 「徳島インディゴソックスの1年」を強みに「徳島県民が自慢できる」存在に!【ドラフト特集】
第609回 池田 陽佑(智辯和歌山)「新戦力登場!目指すは2年夏までに145キロ」 【2017年インタビュー】
第607回 根尾昂(大阪桐蔭)「近畿では二刀流として大暴れ!初舞台の神宮でも強烈な印象を残す」 【2017年インタビュー】
第607回 川畑大地(乙訓)「チームの精神的支柱。初の近畿大会4強で得たもの」 【2017年インタビュー】
第605回 安田尚憲(履正社)のホームラン論「正解論はない。ただ強く振ることは大前提」【後編】 【2017年インタビュー】
第133回 園部、宮路、菊地...指名漏れとなった逸材たち【ドラフト特集】
第604回 西巻 賢二(仙台育英)「宮城での6年間は最高だった。憧れるような選手になりたい」 【2017年インタビュー】
第131回 【小関順二のドラフト指名予想】広島東洋カープ編 「黄金時代へ 需要に合ったドラフト戦略を」【ドラフト特集】
第129回 【小関順二のドラフト指名予想】福岡ソフトバンクホークス編「3、4年先を見据えて!今年も高校生主体の指名か?」【ドラフト特集】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る