トーナメント表
東京都大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
2022年度 秋季東京都高等学校野球大会
2022年度 秋季東京都高等学校野球大会 一次予選

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

日程・結果一覧
東京TOPページ

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

<秋季東京都高校野球大会:東海大菅生8-2二松学舎大附>◇13日◇決勝◇神宮

 東海大菅生が2年ぶりに秋の東京を制した。前日の準決勝からの打順入れ替えが功を奏した。ここまで4番を張っていた新井 瑛喜内野手(2年)を5番に下げ、4番には新チームから正捕手となった北島 蒼大捕手(2年)を起用。「うまくハマったところが多かった」と若林弘泰監督の読みが当たった。

 4番抜擢の北島は4打数4安打1打点を記録。「ここ3年間は福原がいて、だいぶ楽をしてきた分、北島を一から鍛え上げないと」と若林監督は1年春から正捕手だった福原 聖矢の後継者として北島に期待を寄せていた。

「3回戦の佼成学園戦あたりから自信をもってプレーしてくれた」と期待に応える活躍で、攻守でチームを牽引した。

 そして「あの1発が効いた」と若林監督もペースをつかむターニングポイントに挙げたのが、5番新井の2ランだった。

 1対1の同点で迎えた3回裏、2死一塁から「真っ直ぐを狙っていました」と真ん中高めの直球を振り抜くと、バックスクリーンへ大飛球を飛ばし、ダイヤモンドを全開で駆け回った。

 公式戦初の本塁打は、チームに流れを呼び込む勝ち越し2ランとなった。「狙って行けとは言いましたが、バックスクリーンは初めて見ました。やっぱりホームランは相手投手に大きなダメージを与えることができるので、効いたと思います」と若林監督も新井の1発に目を丸くした。

 長野県・松本ボーイズ出身の新井は「若林先生がカッコよかったので」と東海大菅生への入学を決めた理由を語った。

 2年ぶりに秋の東京を制した東海大菅生。出場を決めた18日開幕の明治神宮大会では「日本一」を目指す。

■11月12日の試合

2022年度 秋季東京都高等学校野球大会

2022年度 秋季東京都高等学校野球大会
準決勝 二松学舎大附    8  -  3    帝京 明治神宮野球場 応援メッセージ
東海大菅生    3  -  2    日大三 明治神宮野球場 応援メッセージ

■11月13日の試合

2022年度 秋季東京都高等学校野球大会

2022年度 秋季東京都高等学校野球大会
決勝 東海大菅生    8  -  2    二松学舎大附 明治神宮野球場 応援メッセージ