トーナメント表
四国大会の勝ち上がり

トーナメント表
高知県大会の勝ち上がり

トーナメント表
愛媛県大会の勝ち上がり

トーナメント表
香川県大会の勝ち上がり

トーナメント表
徳島県大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
第75回 秋季四国地区高等学校野球大会

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

 第75回秋季四国地区高校野球大会は6日、決勝戦が開催される。10月29日から始まり、各県の精鋭12校による頂点を目指す戦いも、決勝を残すのみとなった。対戦はくしくも開催地・香川県の代表として出場した2校、1位・英明と2位・高松商による一戦。秋季香川県大会決勝の再戦だ。

 英明は、四国大会打率5割と絶好調な尾中 亮太内野手(2年)と寿賀 弘都外野手(2年)、そして驚異の打率6割の髙松 宏季外野手(2年)の3人が打線の要になる。なかでも尾中、寿賀は県大会での高松商戦ではヒットを記録しており、期待が膨らむ。

 投手陣は、四国大会2試合とも登板した技巧派サイドハンド・下村 健太郎投手(2年)の活躍が目立つ。県大会で高松商との試合でも登板して好投を見せたが、再び四国大会でも見せるのか。

 対して県大会のリベンジに燃える高松商は、チーム打率.306と全体的に振れている。甲子園を経験した横井 亮太内野手(2年)、久保 慶太郎外野手(2年)は打率5割と打線をけん引しているが、決勝戦でも継続して結果を残せるか。

 エースの大型左腕・大室 亮満投手(2年)は四国大会3試合すべてで登板しているが、県大会でも英明戦でリリーフ登板し1失点に抑えている。四国大会の決勝では先発起用があるのか。また夏に続いてのセンバツをほぼ確実なものにできるか。

 県大会の決勝では4対2で英明が優勝を飾ったが、明治神宮大会のかかった四国大会の決勝となれば意味合いも違う。10月15日に行われた県大会決勝から期間も十分空いた。成長した姿を見せて優勝するのはどちらか。

■11月5日の試合

第75回 秋季四国地区高等学校野球大会

第75回 秋季四国地区高等学校野球大会
準決勝 英明    4  -  2    高知 香川県営野球場(レクザムスタジアム) 応援メッセージ
高松商    4  -  1    鳴門 香川県営野球場(レクザムスタジアム) 応援メッセージ

■11月6日の試合

第75回 秋季四国地区高等学校野球大会

第75回 秋季四国地区高等学校野球大会
決勝 英明    5  -  4    高松商 香川県営野球場(レクザムスタジアム) 応援メッセージ