トーナメント表
東京都大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
2022年度 秋季東京都高等学校野球大会
2022年度 秋季東京都高等学校野球大会 一次予選

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

日程・結果一覧
東京TOPページ

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

  秋季東京都高校野球大会は30日、準々決勝2試合が行われる。

 3季連続甲子園を狙う二松学舎大附が第1試合から登場する。甲子園で1年スラッガーとして注目された片井 海斗内野手は、今大会2本塁打を記録し、好調ぶりが伺える。さらに神谷 虎之介外野手(1年)も打率.556をマークしている。旧チームから経験を積んできたエース・重川 創思投手(2年)も安定感があり、投打ともに充実している。

 対するは波に乗っている世田谷学園関東一早稲田実業を破った勢いで二松学舎大附に挑む。エース・二見 純太投手(2年)が全試合先発してきたが、強打・二松学舎大附を相手にどんな投球を見せるか。

 2試合目には帝京日体大荏原が対戦する。

 帝京は1年生から投げ続けてきたエース・高橋 蒼人投手(2年)の出来が1つのポイントだろう。打線であれば、1番に座る西崎 桔平内野手(1年)が打率7割超えと絶好調。リリーフ登板もする投打の要として、カギを握るのではないか。

 夏の準優勝の勢いそのままにベスト8までたどり着いた日体大荏原。エース・石井 祥太投手(2年)は夏の決勝戦も経験しており、実績は十分積んできた。同地区のライバル・帝京に勝って、ベスト4進出。さらには今後に向けてもいいイメージを持ちたいところだ。

 勝てば神宮球場での準決勝に進む。佳境に入ってきた東京都大会で勝ち残るのはどのチームか。

■10月30日の試合

2022年度 秋季東京都高等学校野球大会

2022年度 秋季東京都高等学校野球大会
準々決勝 二松学舎大附    6  -  2    世田谷学園 スリーボンドスタジアム八王子(八王子市民球場) 応援メッセージ
帝京 10  -  0    日体大荏原 スリーボンドスタジアム八王子(八王子市民球場) 応援メッセージ