トーナメント表
近畿大会の組み合わせ

トーナメント表
秋季大阪府予選の勝ち上がり

トーナメント表
秋季滋賀県大会の勝ち上がり

トーナメント表
秋季奈良県予選の勝ち上がり

トーナメント表
秋季和歌山県予選の勝ち上がり
県下高校野球新人戦の勝ち上がり

トーナメント表
秋季兵庫県大会の勝ち上がり
地区予選の勝ち上がり

トーナメント表
秋季京都府大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
令和4年度 秋季近畿地区高等学校野球大会

 秋季近畿地区高校野球大会は29日、1回戦と準々決勝が行われ、準々決勝では龍谷大平安(京都)が高田商(奈良)を5対0で破って、4強入り。2019年以来、4年ぶりとなるセンバツ出場を大きくたぐり寄せた。

 2回に3点を先制すると、その後も効果的に追加点を挙げ、先発の桒江 駿成投手(2年)が5安打完封の活躍で大一番の勝利に貢献した。

 1回戦では智辯和歌山(和歌山)が京都国際(京都)に8対4で快勝。青山 達史外野手(2年)の追撃の2ラン、中塚 遥翔内野手(2年)の逆転2ランなどで8強に導いた。

 (兵庫)は7回に一挙7得点するなど、13対7と打撃戦の末に天理(奈良)を破って8強入りした。

 30日は準々決勝3試合が予定され、ベスト4が出揃う。

■10月29日の試合

令和4年度 秋季近畿地区高等学校野球大会

令和4年度 秋季近畿地区高等学校野球大会
準々決勝 龍谷大平安    5  -  0    高田商 和歌山県営紀三井寺野球場 応援メッセージ
1回戦 智辯和歌山    8  -  4    京都国際 和歌山県営紀三井寺野球場 応援メッセージ
13  -  7    天理 和歌山県営紀三井寺野球場 応援メッセージ