トーナメント表
関東大会の勝ち上がり

トーナメント表
神奈川大会の勝ち上がり

トーナメント表
千葉大会の勝ち上がり
敗者復活戦の勝ち上がり
一次予選の勝ち上がり

トーナメント表
埼玉県大会の勝ち上がり
地区予選の勝ち上がり

トーナメント表
栃木県大会の勝ち上がり

トーナメント表
茨城県大会の勝ち上がり
地区予選の勝ち上がり

トーナメント表
群馬県予選の勝ち上がり

トーナメント表
山梨県大会の勝ち上がり

■大会の詳細・応援メッセージ
第75回 秋季関東地区高等学校野球大会

 第75回秋季関東地区高校野球大会は29日、準決勝が予定されている。

 第1試合は健大高崎(群馬)と山梨学院(山梨)が対戦する。準々決勝で横浜(神奈川)に打ち勝った健大高崎は強打が魅力。エース小玉 湧斗投手(2年)も2試合連続完投勝利を記録して頼もしい。

 山梨学院も高校通算29本塁打の主砲・髙橋 海翔内野手(2年)が復調し、打線が活性化している。打撃戦が期待できそうだ。

 第2試合の専大松戸(千葉)と慶應義塾(神奈川)も両チームに逸材が揃う。専大松戸のエース右腕・平野 大地投手(2年)は150キロを超える速球が持ち味。2023年世代屈指の右腕としてパフォーマンスに注目が集まる。

 慶應義塾も背番号10の小宅 雅巳投手(1年)は粘りの投球が光り、打線でも加藤 右悟外野手(1年)、福井 直睦外野手(2年)、清原 勝児内野手など長打力のある打者が並ぶ。総合力の高さは出場随一だ。

 決勝進出を決めるのはどのチームだろうか。

■10月29日の試合

第75回 秋季関東地区高等学校野球大会

第75回 秋季関東地区高等学校野球大会
準決勝 山梨学院    5  -  2    健大高崎 埼玉県営大宮公園野球場 応援メッセージ
専大松戸    5  -  3    慶應義塾 埼玉県営大宮公園野球場 応援メッセージ