トーナメント表
東海大会の勝ち上がり

トーナメント表
愛知県大会の勝ち上がり
地区予選の勝ち上がり

トーナメント表
静岡県大会の勝ち上がり
地区予選の勝ち上がり

トーナメント表
岐阜県大会の勝ち上がり

トーナメント表
三重地区予選の勝ち上がり
県大会の勝ち上がり

■大会の詳細・応援メッセージ
第75回 秋季東海地区高等学校野球大会

 第75回秋季東海地区高校野球大会は29日、準決勝が予定されている。来年春のセンバツ出場枠は東海地区は例年2枠に1枠増の3枠。決勝に進んだ2チームが大きく前進するだけでなく、残り1枠の選考を考えれば、試合内容も問われる一戦となる。

 準決勝のカードは以下の通り。

 大垣日大(岐阜)ー東邦(愛知)
 常葉大菊川(静岡)ー加藤学園(静岡)

 大垣日大の阪口監督は東邦の選手として監督としてユニホームにそでを通し甲子園にも出場。監督としてはセンバツ優勝も経験してきた。特別な思いを胸に、2年連続のセンバツ出場をかけ「古巣」と戦うことになる。

 東邦は近年、大垣日大との戦いに分が悪い。2010年春の東海大会1回戦は1対3で敗れ、17年春の東海大会準決勝でも5対8で敗れている。19年以来、31回目のセンバツ出場へリベンジの舞台は整った。

 常葉大菊川加藤学園のカードは静岡勢対決となった。近年の過去の対戦では、2010年春の県大会1回戦では常葉大菊川が勝利したが、2018年秋の県大会2回戦、翌2019年秋の県大会2回戦ではともに加藤学園が勝利している。常葉大菊川は10年ぶり、加藤学園は大会開催中止となった20年以来となるセンバツ出場をかける。

■10月29日の試合

第75回 秋季東海地区高等学校野球大会

第75回 秋季東海地区高等学校野球大会
準決勝 東邦    7  -  4    大垣日大 静岡県草薙総合運動場硬式野球場 (静岡草薙球場) 応援メッセージ
常葉大菊川    2  -  0    加藤学園 静岡県草薙総合運動場硬式野球場 (静岡草薙球場) 応援メッセージ