トーナメント表
秋季九州大会の勝ち上がり

トーナメント表
秋季福岡県大会の勝ち上がり

トーナメント表
秋季佐賀県大会の勝ち上がり

トーナメント表
秋季長崎県大会の勝ち上がり

トーナメント表
秋季熊本県大会の勝ち上がり

トーナメント表
秋季大分県大会の勝ち上がり

トーナメント表
秋季宮崎県大会の勝ち上がり

トーナメント表
秋季鹿児島県予選の勝ち上がり

トーナメント表
秋季沖縄県大会の勝ち上がり

 第151回九州地区高等学校野球大会は26日、準々決勝4試合が行われ、沖縄尚学(沖縄)らベスト4に勝ち進んだ。

 コザしんきんスタジアムでは、第1試合で地元沖縄の日本ウェルネス沖縄(沖縄)が長崎日大(長崎)と対戦。試合は5回まで日本ウェルネス沖縄がリードする展開だったが、6、7回ともに4点ずつを奪って長崎日大が勢いを取り戻し、11対4の7回コールドで勝利した。

 第2試合も地元沖縄の沖縄尚学が登場。強豪・明豊(大分)との一戦となったが、2対2の9回に後攻・沖縄尚学が1死二塁から9番 佐野 春斗内野手(2年)のサヨナラタイムリーで勝利。3対2で接戦を制した。

 タピックスタジアム名護の2試合は、ともに1点差の好ゲーム。
 第1試合は大分商(大分)が東福岡(福岡)に2対1で勝利。1対1の7回に3番・大道 蓮内野手(2年)の内野ゴロの間に勝ち越しに成功して、ベスト4入りを果たした。

 第2試合では海星(長崎)が、西日本短大附(福岡)を3対2で下した。2対2の9回に1番・田中 朔太郎内野手(1年)の勝ち越し打で勝利。10安打を放つ猛攻で準決勝進出を決めた。

 2023年のセンバツは記念大会にあたるが、九州地区の一般枠は4校となっている。今回ベスト4に入った学校は、センバツに向けて大きく前進する結果になった。準決勝は28日、決勝は29日となるが、果たして優勝を決めて11月の神宮大会出場を決めるのはどのチームか。

■10月26日の試合

第151回 九州地区高等学校野球大会

第151回 九州地区高等学校野球大会
準々決勝 大分商    2  -  1    東福岡 名護市営球場 応援メッセージ
長崎日大 11  -  4    日本ウェルネス沖縄 コザしんきんスタジアム 応援メッセージ
海星    3  -  2    西日本短大附 名護市営球場 応援メッセージ
沖縄尚学    3  -  2    明豊 コザしんきんスタジアム 応援メッセージ

■10月28日の試合

第151回 九州地区高等学校野球大会

第151回 九州地区高等学校野球大会
準決勝 長崎日大    4  -  1    大分商 コザしんきんスタジアム 応援メッセージ
沖縄尚学    7  -  6    海星 コザしんきんスタジアム 応援メッセージ