トーナメント表
東京都大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
2022年度 秋季東京都高等学校野球大会
2022年度 秋季東京都高等学校野球大会 一次予選

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

日程・結果一覧
東京TOPページ

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

 秋季東京都高校野球大会は22日に3回戦が行われ、ベスト8進出の4チームが決まった。23日も3回戦4試合が予定されており、準々決勝に勝ち進む学校が出揃う。

 西東京の強豪同士の一戦となる東海大菅生佼成学園東海大菅生日大豊山との初戦で、7対5と競り合いを制して、勢いづいた。大会注目の大型右腕・日當 直喜投手(2年)は日大豊山戦で好投を見せたがその他の投手も多くいる。佼成学園との試合も楽しみだ。

 対する佼成学園も2試合で21得点、2失点と好調。背番号10ながら2試合完投が続く石井 碧海投手(2年)がリズムを作り、攻撃につなげている。打率6割超の松本 幸士外野手(2年)を中心とした打線が、東海大菅生相手にも火を噴くか。

 修徳日大三の対戦にも注目が集まる。修徳は長身の大型右腕・篠﨑 国忠投手(2年)が注目される。角度を付けた直球は140キロを超えるなど、簡単には打ち崩せない。エースナンバーを背負い、夏も経験している竹澤 尚輝投手(2年)との2枚看板で日大三打線に挑んでいく。

 日大三も、ここまではエース・安田 虎汰郎投手(2年)が全試合完投している。伸びのある直球を軸にして、14回を投げて11奪三振という結果を残している。打線は、打率6割でホームラン1本と好調な岡村 颯大外野手(2年)や、大型スラッガー・針金 侑良内野手(2年)など、力のある打者が揃う。東西を代表する強豪同士の一戦は目が離せない。

 その他、シード校を破って最も勢いに乗っている進学校・海城桜美林と対戦。国士舘岩倉と対戦する。ベスト8への切符をつかむのはどの学校か。

■10月23日の試合

2022年度 秋季東京都高等学校野球大会

2022年度 秋季東京都高等学校野球大会
3回戦 東海大菅生    5  -  1    佼成学園 スリーボンドスタジアム八王子(八王子市民球場) 応援メッセージ
国士舘    8  -  6    岩倉 駒沢野球場 応援メッセージ
桜美林 12  -  3    海城 駒沢野球場 応援メッセージ
日大三    6  -  1    修徳 スリーボンドスタジアム八王子(八王子市民球場) 応援メッセージ