トーナメント表
東北大会の勝ち上がり

トーナメント表
秋季青森県大会の勝ち上がり
地区予選の勝ち上がり

トーナメント表
秋季岩手県大会の勝ち上がり
地区予選の勝ち上がり

トーナメント表
秋季秋田大会の勝ち上がり

トーナメント表
秋季山形県大会の勝ち上がり
地区予選の勝ち上がり

トーナメント表
秋季宮城県大会の勝ち上がり

トーナメント表
秋季福島県大会の勝ち上がり
地区予選の勝ち上がり

 第75回秋季東北地区高校野球大会は16日、決勝戦が行われる。勝ち残ったのは仙台育英東北の宮城県勢の2校だ。

 宮城県勢同士による東北大会決勝は、2020年以来だが、両校の直接対決は2022年の秋季宮城県大会の決勝戦以来となる。そのときは東北が2対1と接戦を制して、宮城1位で東北大会に乗り込んだ。

 過去5回の直接対決を振り返ると、仙台育英が4勝1敗となっているが、今大会は投手陣の活躍が目立ち、高橋 煌稀投手、湯田 統真投手、仁田 陽翔投手(すべて2年)の夏の優勝経験者が好投している。野手では齋藤 陽外野手(2年)が打線の核を担っているが、他の野手にも注目だ。

 東北ハッブス 大起投手、秋本 羚冴投手(ともに2年)が登板。野手では打率4割を超えている金子 和志内野手、大竹 響捕手(ともに2年)が好調で、打線をけん引している。

 勝てば11月からの神宮大会出場が決まる。果たして東北王者はどちらに輝くのか。

■大会の詳細・応援メッセージ
第75回 秋季東北地区高等学校野球大会

■10月16日の試合

第75回 秋季東北地区高等学校野球大会

第75回 秋季東北地区高等学校野球大会
決勝 仙台育英    6  -  3    東北 荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた 応援メッセージ