トーナメント表
秋季九州大会の組み合わせ

トーナメント表
秋季福岡県大会の勝ち上がり

トーナメント表
秋季佐賀県大会の勝ち上がり

トーナメント表
秋季長崎県大会の勝ち上がり

トーナメント表
秋季熊本県大会の勝ち上がり

トーナメント表
秋季大分県大会の勝ち上がり

トーナメント表
秋季宮崎県大会の勝ち上がり

トーナメント表
秋季鹿児島県予選の勝ち上がり

トーナメント表
秋季沖縄県大会の勝ち上がり

 来年春のセンバツ選考の重要な参考資料となる、第151回秋季九州地区高校野球大会の組み合わせが14日決まった。

 大会は沖縄で開催され、22日に開幕。来年春のセンバツ出場が有力となる4強が決まる準々決勝は25日に行われ、準決勝は27日、決勝は28日に予定されている。

 今春の王者、神村学園(鹿児島1位)は大分商(大分2位)と初戦を戦うことになった。準優勝だった西日本短大附(福岡1位)は鹿児島2位の鹿屋中央が初戦の相手となった。

 沖縄を制した沖縄尚学鳥栖(佐賀2位)と、大分を制した明豊高鍋(宮崎2位)とそれぞれ初戦で対戦。勝てば準々決勝で対戦する組み合わせとなった。

■10月22日の試合