トーナメント表
東北大会の勝ち上がり

トーナメント表
秋季青森県大会の勝ち上がり
地区予選の勝ち上がり

トーナメント表
秋季岩手県大会の勝ち上がり
地区予選の勝ち上がり

トーナメント表
秋季秋田大会の勝ち上がり

トーナメント表
秋季山形県大会の勝ち上がり
地区予選の勝ち上がり

トーナメント表
秋季宮城県大会の勝ち上がり

トーナメント表
秋季福島県大会の勝ち上がり
地区予選の勝ち上がり

 秋季高校野球東北大会は14日、準決勝が行われる。勝った2校は決勝にコマを進めるのはもちろん、2023年のセンバツ出場に大きく近づくことになり、非常に重要な一戦となる。

 第1試合は東北(宮城)と聖光学院(福島)の強豪対決。東北は準々決勝・山形中央(山形)との試合では終盤の逆転劇で4強に入った。ハッブス 大起投手(2年)、秋本 羚冴投手(2年)の継投で決勝進出となるか。聖光学院由利(秋田)との延長11回の死闘を制して準決勝に勝ち上がった。サヨナラ勝ちを決めた緑川 竣風内野手(2年)が特に好調だが、両チームとも勢いに乗っている。好ゲームになることが予想される。

 第2試合には仙台育英(宮城)が登場。能代松陽(秋田)との一戦を迎える。仙台育英は主将・山田 脩也内野手(2年)を中心に青森山田(青森)、鶴岡東(山形)と強豪との戦いを制してベスト4まで勝ち進んだ。能代松陽も、準々決勝・学法石川(福島)戦を延長12回の熱戦の末にをモノにして勝ち上がった。打率5割を超える保坂 大悟内野手(2年)などを中心に注目だ。

 準決勝2試合ともに好ゲームを期待したい。

■大会の詳細・応援メッセージ
第75回 秋季東北地区高等学校野球大会

■10月14日の試合

第75回 秋季東北地区高等学校野球大会

第75回 秋季東北地区高等学校野球大会
準決勝 東北    6  -  2    聖光学院 荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた 応援メッセージ
仙台育英    2  -  1    能代松陽 荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた 応援メッセージ