トーナメント表
県大会の勝ち上がり

大会結果
第151回 九州地区高等学校野球 熊本大会

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

日程・結果一覧
熊本TOPページ

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

 秋季の第151回九州地区高校野球熊本大会は8日に準決勝が予定されている。勝てば九州大会出場が決まる大一番。今年は熊本工九州学院秀岳館が敗れ、本命なき戦いがクライマックスを迎えようとしている。

準決勝のカードは
文徳ルーテル学院
専大玉名東海大星翔

 注目は文徳。エース右腕の森平 哲平(2年)は今夏の2回戦(対済々黌)でノーヒットノーランを達成。死球による走者のみの107球の快投だった。今秋はすべて先発してきている右腕エースが、3試合で30得点をマークしているルーテル学院相手にどんな投球を見せるのか。

 準々決勝で熊本工相手に逆転勝利を収めて勢いに乗る東海大星翔。今大会は初戦から4試合すべて2ケタ得点の計50得点を挙げるなど打線は絶好調で、専大玉名相手に九州大会出場をかける。

■10月8日の試合

第151回 九州地区高等学校野球 熊本大会

令和4年度 第3回城南地区高等学校野球秋季大会

第151回 九州地区高等学校野球 熊本大会
準決勝 文徳    7  -  0    ルーテル学院 リブワーク藤崎台球場 応援メッセージ
東海大星翔    9  -  2    専大玉名 リブワーク藤崎台球場 応援メッセージ
令和4年度 第3回城南地区高等学校野球秋季大会
1回戦 芦北    8  -  2    天草拓心 県営八代野球場 応援メッセージ