トーナメント表
国体の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
2022年 第77回 国民体育大会

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

 第77回国民体育大会(栃木)は3日、準決勝2試合が行われた。

 第1試合は聖光学院(福島)が3対0で國學院栃木を破り、決勝進出を決めた。

 3回裏、聖光学院は2番高中 一樹内野手(2年)の適時打で1点を先制。6回裏には、4番三好 元気外野手(2年)の適時打、7回裏には高中の適時打で3対0とした。

 投げては左腕・小林 剛介投手(3年)が強打の國學院栃木打線を4安打に抑え、完封勝利を挙げた。

 第2試合、大阪桐蔭vs下関国際(山口)の一戦は大阪桐蔭が3対1で下関国際を破り、決勝進出を決めた。

 1回裏に3番松尾 汐恩捕手(3年)の内野ゴロ、5番海老根 優大外野手(3年)の適時二塁打 で2点を先制。5回裏、代打・工藤 翔斗捕手(3年)の適時打で3対0と貴重な追加点を入れる。

 8回表、下関国際は7番森 凜琥内野手の適時打で1点を返すが、反撃はここまで。大阪桐蔭は2番手の別所孝亮投手(3年)が下関国際打線を抑え、リベンジを果たした。

 聖光学院と大阪桐蔭の決勝戦は中1日を空け、5日に予定されている。

■10月3日の試合

第77回 国民体育大会

第77回 国民体育大会
準決勝 聖光学院    3  -  0    國學院栃木 宇都宮清原球場 応援メッセージ
大阪桐蔭    3  -  1    下関国際 宇都宮清原球場 応援メッセージ

■10月5日の試合

第77回 国民体育大会

第77回 国民体育大会
決勝 大阪桐蔭    5  -  1    聖光学院 宇都宮清原球場 応援メッセージ