トーナメント表
秋季宮城県大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
第75回 秋季東北地区高等学校野球 宮城県大会

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

日程・結果一覧
宮城TOPページ

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

 第75回秋季東北地区高校野球宮城県大会は24日、準決勝が行われる。対戦カードは仙台育英仙台三東北利府仙台育英東北は実績もあり順当に勝ち上がってきたが、この2強と対戦する仙台三と利府も、ここまでの戦いぶりでは決して負けていない。

 仙台三は1回戦で5回コールド10対0、2回戦も5回コールド21対0と圧勝。3回戦で仙台を6対1で下すと、仙台南との準々決勝では9対8の9回サヨナラ勝ちを収めた。7回表を終わって4対8とリードを許しながら、7回からの3イニングで3点、1点、1点と奪って逆転勝ちした。

 特に1番を打つ、尾形 遥翔外野手(2年)は、9回サヨナラを演出する安打を含め、この試合6打数5安打と打ちまくり、広角に安打を重ねた。3番手として無失点リリーフをするなど、投打にわたってサヨナラ勝ちに貢献した。チームとしても、仙台育英とは今年の春も準決勝で対戦。0-7とコールド負けした悔しさをぶつける。

 利府は1回戦で5回コールド22対1の快勝のあと、2回戦は6対5の逃げ切り。3回戦は7回コールドの8対0で快勝すると、準々決勝は1対0で勝利。背番号10の曽我颯人投手(2年)が4安打完封劇をやってのけた。1点差を逃げ切った2回戦でも1点差とされてからリリーフ登板し、1.2回を無失点に切り抜けて勝利に導いた。チームの救世主が東北打線に立ち向かう。

 利府は6年前の2016年秋の準々決勝で東北と対戦。0対3で迎えた9回に4得点して逆転サヨナラ勝ちしたあの感動が再び見られるか。

■9月24日の試合