歓喜の近江ナイン

トーナメント表
滋賀大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権 滋賀大会

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

日程・結果一覧
滋賀TOPページ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

 2022年第104回全国高校野球選手権滋賀大会は29日、決勝が行われ、近江が4対1で立命館守山を下し、春夏連続で、4大会連続16度目の夏甲子園出場を決めた。

 近江先発の山田 陽翔投手(3年)は1回初球から142キロを計測する直球とスライダーで三者凡退。初回から145キロもマークするなど、パワフルな投球をみせて、わずか3安打1失点完投。準優勝に終わったセンバツの悔しさを晴らすため、再び聖地へ挑む。

 打線では2回、大橋 大翔捕手(3年)の右前適時打で1点を先制。4回には大橋が左越えのソロを放つなど2点を追加。効果的に得点を重ねて勝利をものにした。

 

★決勝(マイネットスタジアム皇子山)
立命館守山
000001000=1
010201000=4
近江
【立】加藤、稲城、杉本
【近】山田
▽本塁打 大橋(近)

■7月29日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権 滋賀大会

第104回 全国高等学校野球選手権 滋賀大会
決勝 近江    4  -  1    立命館守山 皇子山球場 応援メッセージ