トーナメント表
西東京大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権大会 西東京大会

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

関連記事
東海大菅生の大型右腕、國學院久我山の大型遊撃手など大型選手揃う西東京の逸材たち
國學院久我山、東海大菅生、日大三が優勝争いか?大会序盤から好ゲーム続出

日程・結果一覧
東京TOPページ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

 第104回全国高校野球選手権西東京大会は29日、明治神宮野球場で準決勝が予定されている。

 第1試合は今春の都大会4強で第1シードの日大三と、駒大高、日大鶴ケ丘といった私立のシード校を相手に勝ち進んできた都立富士森が対戦する。

 都立富士森はエース甲斐 凪砂投手(3年)を中心に強豪私立校を撃破し続けてきた。バントや右打ちなど、自分たちの野球をすれば十分に勝機は見えてくる。今大会の4強では唯一の都立校であり、歴史を変える試合にしたいところだ。
 対する日大三は投打ともに充実している。投手陣はエース松藤 孝介投手(3年)を中心にここまで3失点以上した試合はなく、打線も昨年からの主軸・富塚 隼介内野手(3年)がチームを引っ張り、ここまですべての試合で2ケタ安打を記録してきた。

 第2試合は東海大菅生国士舘が対決。昨夏は3回戦で戦った両校が今年は準決勝で再戦となった。
 東海大菅生は6月に行われたセンバツ王者・大阪桐蔭との練習試合で勝利。その試合で5回を無失点に抑えたエース鈴木 泰成投手(3年)を中心とした投手陣には力があり、打線も昨夏を経験している小池 祐吏内野手(3年)や福原 聖矢捕手(3年)といった経験豊富な選手が多くいる。

 国士舘は準々決勝でセンバツ4強の國學院久我山に勝利し、勢いに乗っている。今大会はノーシードから勝ち進んできた。秋、春と悔しい思いをし続けてきたチームが勢いそのままに準決勝に挑む。

 31日に行われる予定の決勝戦の切符を手にするのはどの学校になるのだろうか。

■7月29日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権大会 西東京大会

第104回 全国高等学校野球選手権大会 西東京大会
準決勝 日大三 12  -  1    都立富士森 明治神宮野球場 応援メッセージ
東海大菅生    4  -  3    国士舘 明治神宮野球場 応援メッセージ