日本文理・田中晴也 ※写真は秋季北信越大会:高岡商戦

トーナメント表
新潟大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権 新潟大会

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

日程・結果一覧
新潟TOPページ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

 7月28日の第104回全国高等学校野球選手権新潟大会は、決勝戦が行われた。

 決勝は3大会連続の優勝を狙う日本文理と、東京学館新潟中越など強豪を倒し勝ち抜いてきた帝京長岡の一戦。

 試合は日本文理のエース田中 晴也帝京長岡のエース茨木 秀俊の投げ合いとなる。共に今年の新潟を代表するような注目投手だが、それにふさわしいピッチングを見せて相手打線を寄せ付けない。

 試合が動いたのは6回、日本文理の2番早川 優成が2ベースを放ち好機をつくると、4番高橋 史佳にタイムリーが飛び出し、待望の先制点を奪う。追う帝京長岡は7回、好機をつくると9番早坂晃が犠飛を放ち、同点に追いつく。しかし、これ以上の得点を両投手が与えず1対1のまま試合は進み、9回では決着がつかず延長戦に突入する。

 10回も両投手が踏ん張り得点を与えず迎えた11回、日本文理の2番早川が四球を選ぶと、盗塁で得点圏に進塁。この好機で5番玉木 聖大が右中間を破るタイムリーヒットを放ち、サヨナラで試合を決めた。初回から投げ続けてきた帝京長岡の茨木の直球をとらえた。

 両投手が150球を超える投球をみせ、決勝戦にふさわしい熱投となった。延長11回、2対1で日本文理が新潟の頂点に立った。

 甲子園で数々の好試合をつくってきた日本文理。今年の夏の甲子園での躍動に期待したい。

■7月28日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権 新潟大会

第104回 全国高等学校野球選手権 新潟大会
決勝 日本文理    2  -  1    帝京長岡 HARD OFF ECOスタジアム新潟 応援メッセージ