トーナメント表
西東京大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権大会 西東京大会

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

関連記事
東海大菅生の大型右腕、國學院久我山の大型遊撃手など大型選手揃う西東京の逸材たち
國學院久我山、東海大菅生、日大三が優勝争いか?大会序盤から好ゲーム続出

日程・結果一覧
東京TOPページ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

 2022年第104回全国高校野球選手権西東京大会は27日、準々決勝4試合が行われた。

 日大三桜美林を9対1で下した。1対1で迎えた4回に1点を勝ち越すと、6回からは3イニング連続で得点を重ねて快勝した。

 国士舘は今センバツ4強の國學院久我山を8対2で下した。2回に沢村 英二の満塁ホームランで4点を先制すると、6回にも7本の長短打で4得点。反撃を2点に食い止めての快勝だった。

 東海大菅生が11対1で早稲田実業を破って4強に進んだ。1回に1点を先制。3回に追いつかれたが4回に1点を勝ち越すと、5回、6回にも得点を追加し、8回には6得点のビッグイニングを作って8回コールド勝ちした。5回にソロを放った福原 聖矢捕手(3年)は4打数3安打5打点の活躍だった。

 都立富士森は延長10回の激闘を制して、日大鶴ヶ丘を5対4で破って、都立唯一の4強入りを果たした。初回に2点を先制するなど序盤は4対1とリードも、6回に追いつかれて延長戦へ。10回表に佐野 元内野手(2年)が決勝の右前適時打を放って勝利。甲斐 凪砂投手(3年)は10回を投げ10安打されながら完投勝利でチーム初の4強に貢献した。

 準決勝は29日に予定されている。

■7月27日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権大会 西東京大会

第104回 全国高等学校野球選手権大会 西東京大会
準々決勝 日大三    9  -  1    桜美林 明治神宮野球場 応援メッセージ
国士舘    8  -  2    國學院久我山 明治神宮野球場 応援メッセージ
都立富士森    5  -  4    日大鶴ヶ丘 明治神宮野球場 応援メッセージ
東海大菅生 11  -  1    早稲田実業 明治神宮野球場 応援メッセージ

■7月29日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権大会 西東京大会

第104回 全国高等学校野球選手権大会 西東京大会
準決勝 日大三 12  -  1    都立富士森 明治神宮野球場 応援メッセージ
東海大菅生    4  -  3    国士舘 明治神宮野球場 応援メッセージ