森蔵人(仙台育英)

トーナメント表
宮城大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権 宮城大会

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

日程・結果一覧
宮城TOPページ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

 7月27日の第104回全国高等学校野球選手権宮城大会は、決勝戦が行なわれた。

 決勝のカードは秋、春と圧倒的な実力で宮城大会を制してきた仙台育英と、これまで春ベスト8以上の強豪を3校破るなど、最後の夏に力を発揮して勝ち抜いてきた聖和学園の対決。

 試合は2回、仙台育英が好機をつくると6番遠藤太胡のスクイズで先制に成功。追う聖和学園は3回、好機をつくると1番三浦広大のタイムリーが飛び出し、すぐに同点に追いつく。しかし仙台育英は4回、2回にスクイズを決めた遠藤がタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。序盤から目まぐるしく試合が動く。

 7回には仙台育英が好機で再びスクイズを決行。2番の山田 脩也がこれをしっかり決めて、リードを広げる。しかし、聖和学園の先発阿部航大も粘りの投球で、仙台育英の打線を最小失点で凌ぐ。聖和学園も走者は出すも、仙台育英高橋 煌稀、マウンドを引き継いだ古川 翼が得点を与えない。最終回は聖和学園の6番佐藤丈広が意地のヒットを放つも、仙台育英がこれ以上の反撃を許さなかった。リードを守り切った仙台育英が3対1で試合を制した。

 仙台育英が3年ぶりの夏の甲子園出場を決めた。昨夏の悔しさ、そして春の甲子園に出られなかった悔しさを夏にぶつけ、東北初の優勝を目指す。

■7月27日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権 宮城大会

第104回 全国高等学校野球選手権 宮城大会
決勝 仙台育英    3  -  1    聖和学園 石巻市民球場 応援メッセージ