トーナメント表
福島大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権 福島大会

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

日程・結果一覧
福島TOPページ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

 7月27日の第104回全国高等学校野球選手権福島大会は、決勝戦が行なわれた。

 決勝のカードは秋、春を制し福島大会完全制覇を狙う聖光学院と春の雪辱に燃える光南の一戦。春大会決勝と同一カードとなった。

 試合は初回、光南が好機をつくると4番金沢太陽の内野ゴロの間に1点を先制。3塁ランナーの二瓶公太が好走塁を見せた。追う聖光学院は2回、1点を返し同点に追いつくと、続く好機で8番生田目 陽がスクイズを決め、勝ち越しに成功。序盤から試合が動くが、この2回に聖光学院の攻撃が終わったところで、雨が強くなり試合が中断。

 約2時間の長い中断から試合が再開すると、4回、光南が満塁の好機をつくると聖光学院佐山 未来から押し出しの四球を選び同点に追いつく。しかし、聖光学院は5回、好機をつくると3番安田淳平に3ランが飛び出し、再びリードを奪う。7回にはその安田にタイムリーが飛び出し、さらに1点を追加。リードを広げられた光南は、裏の攻撃で4番金沢太陽の内野ゴロの間にしぶとく1点を返す。最終回には四球とヒットで同点の好機をつくった。しかし、聖光学院の佐山がこれ以上の反撃を許さず、リードを守り切った。佐山は10安打を浴びながらも3失点に抑え、完投。熱投で甲子園を呼び寄せた。

 6対3で聖光学院が粘る光南を振り切った。

 聖光学院は福島大会秋、春、夏完全制覇の達成とともに、夏連続優勝が13回で途切れた昨夏の雪辱を果たした。甲子園では東北初の優勝を目指す。

■7月27日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権 福島大会

第104回 全国高等学校野球選手権 福島大会
決勝 聖光学院    6  -  3    光南 郡山市営開成山野球場 応援メッセージ