トーナメント表
広島大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権 広島大会

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

日程・結果一覧
広島TOPページ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

 2022年第104回全国高校野球選手権広島大会は27日、決勝が行われ、盈進が9対4で尾道を破り、48年ぶり3度目の夏甲子園出場を決めた。

 盈進は初回、内野ゴロの間に1点を先制すると、さらに内野安打で1点を追加した。3回にも1点を加えて序盤をリードした。

 尾道は3回、今井 康輔内野手(3年)の左前適時打でまず1点。そして6回には内野ゴロの間などで2点を追加して同点とした。

 しかし盈進は7回、秋田 浩侑内野手(3年)の右中間への適時二塁打で勝ち越しに成功すると、8回には5点を奪ってダメを押した。結局12安打9得点と、打線が爆発して優勝を勝ち取った。

■7月27日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権 広島大会

第104回 全国高等学校野球選手権 広島大会
決勝 盈進    9  -  4    尾道 広島県立びんご運動公園野球場(しまなみ球場) 応援メッセージ