トーナメント表
和歌山大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権 和歌山大会

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

注目選手リスト
全国トップレベルの二刀流を擁する智辯和歌山、全国クラスの投手を擁する市立和歌山など公立校にも好選手が多数

日程・結果一覧
和歌山TOPページ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

 27日の第104回全国高等学校野球選手権和歌山大会は準決勝2試合が開催される。

 第1試合は智辯和歌山和歌山南陵の一戦だ。

 智辯和歌山はこれまでの3試合、全てコールド勝ち。準々決勝の日高中津の試合は本塁打が2本飛び出すなど15得点と打線が絶好調だ。それを引っ張るのは主将の岡西 佑弥、4番の青山 達史。また、1年生の花田 悠月にも注目したい。近畿大会で大阪桐蔭の打線をわずか2得点に抑えた投手陣も、ここまでわずか1失点と好調だ。武元 一輝塩路 柊季など注目投手が目白押しだ。それをリードする渡部 海からも目が離せない。

 和歌山南陵は3回戦で簑島を、準々決勝では春4強の日高といった強豪を撃破して勝ち抜いてきた。楽な試合ばかりではなかったが、苦しい試合でも終盤のチャンスをものにしてリードを守り切るという、粘り強い試合運びができる。強豪校を撃破していたチーム力で、優勝候補大本命の智辯和歌山を倒すことができるか。

 第2試合は桐蔭和歌山東の一戦。

 和歌山東は2回戦、3回戦は共に12得点で快勝。準々決勝は優勝候補の市立和歌山を無得点に抑え、勝利している。その投手陣はエースの麻田 一誠田村 拓翔が柱としてフル回転している。打線は侍ジャパンU-18の代表候補にも選ばれている此上 平羅に期待したい。勝負強い打撃で打線を引っ張れるか。

 桐蔭はこれまで、接戦をものにして勝ち抜いている。高野 東我寺田 祐太の二人の継投で試合を作ってきた。この二人が和歌山東の打線を抑えられるかが鍵となってくるか。

 昨夏を制した全国でも要注目の和歌山大会も、クライマックスを迎えている。その4強に立ったチームの試合から目が離せない。

■7月27日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権 和歌山大会

第104回 全国高等学校野球選手権 和歌山大会
準決勝 智辯和歌山    9  -  2    和歌山南陵 和歌山県営紀三井寺野球場 応援メッセージ
桐蔭 10  -  0    和歌山東 和歌山県営紀三井寺野球場 応援メッセージ