2回表に3点適時三塁打を放った松本大和(天理)

トーナメント表
奈良大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権 奈良大会

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

日程・結果一覧
奈良TOPページ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

 2022年第104回全国高校野球選手権奈良大会は26日、準決勝が行われ、生駒天理が決勝に駒を進めた。

 昨年夏の甲子園準優勝校、智辯学園生駒に逆転負けした。2回までに5対2とリードも、2点差まで追い上げられた7回に3点を失って5対7で敗れた。

 2回には大坪 廉投手(3年)と酒井 優夢内野手(3年)に本塁打が飛び出すなど序盤は打線が好調だったが、3回以降は3安打に抑えられて追加点を奪えなかった。

 生駒は3回に1点、6回に1点を加えると、7回には敵失もからめて3安打で3得点して逆転に成功した。先発の北村 晄太郎投手(3年)は3回以降立ち直っての完投勝利で決勝進出に貢献した。

 今センバツに出場の天理は7対0の7回コールドで高田商を破って決勝進出。大城 志琉外野手(3年)の本塁打を含む7安打で7得点しての快勝だった。

 決勝は28日に行われる。

■7月26日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権 奈良大会

第104回 全国高等学校野球選手権 奈良大会
準決勝 天理    7  -  0    高田商 佐藤薬品スタジアム(奈良県立橿原公苑野球場) 応援メッセージ
生駒    7  -  5    智辯学園 佐藤薬品スタジアム(奈良県立橿原公苑野球場) 応援メッセージ

■7月28日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権 奈良大会

第104回 全国高等学校野球選手権 奈良大会
決勝 天理 21  -  0    生駒 佐藤薬品スタジアム(奈良県立橿原公苑野球場) 応援メッセージ

■大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権 奈良大会