トーナメント表
南北海道大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権 南北海道大会
南北海道大会 函館支部予選
南北海道大会 室蘭支部予選
南北海道大会 小樽支部予選
南北海道大会 札幌支部予選

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

日程・結果一覧
北海道TOPページ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

 7月26日の第104回全国高等学校野球選手権南北海道大会は、決勝戦が行なわれた。

 決勝のカードは強豪校との接戦を勝ち抜いてきた知内と自慢の強打で勝ちあがってきた札幌大谷の対決。

 試合は序盤、前試合も投げた札幌大谷森谷 大誠知内坂本 拓己の両先発が上々の立ち上がりを見せる。試合が動いたのは3回、札幌大谷が好機をつくると、3番天野 凰介、4番郡山 遥翔の連続タイムリーと5番佐々木 涼斗の犠飛で3点を先制。自慢の打線のクリーンナップが鮮やかな先制劇を演じる。反撃したい知内は4回、8番坂本 拓己のタイムリーで1点を返す。6回には5番馬躰光瑛のソロ本塁打が飛び出し点差を詰める。

 しかし、これ以上の反撃を札幌大谷のエース森谷 大誠が許さない。札幌大谷は6回に追加点を奪うと、ここで知内のエース坂本 拓己をマウンドから引きずり下ろす。7回にも得点すると、9回にはダメ押しの2点を追加し試合を決定づける。エースの森谷が9回2失点のピッチングで勝利を引き寄せた。自慢の打線が決勝でも力を発揮した札幌大谷が7対2で勝利した。

 札幌大谷は夏初優勝。初となる夏の甲子園出場となっており、創部14年目で初の栄冠をつかんだ。

■7月26日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権 南北海道大会

第104回 全国高等学校野球選手権 南北海道大会
決勝 札幌大谷    7  -  2    知内 札幌円山球場 応援メッセージ