トーナメント表
鳥取大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権 鳥取大会

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

日程・結果一覧
鳥取TOPページ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

 7月25日の第104回全国高等学校野球選手権鳥取大会は、準決勝2試合が行なわれた。

 第1試合は倉吉総合産鳥取東の対決。試合は2回、倉吉総合産の先頭が塁に出ると、5番安達颯真のタイムリー2ベースで先制に成功。そこから打線がつながり4点を奪い試合の主導権を握る。5回にも満塁の好機で8番伊藤 愛希の走者一掃のタイムリーが飛び出し3点を加えリードを広げる。反撃したい鳥取東は7回に1点を返すも、倉吉総合産の好投手伊藤 愛希がこれ以上の得点を許さなかった。伊藤は7安打を浴びながらも1失点に抑え、9回131球の熱投を見せた。7対1で倉吉総合産が試合を制した。

 昨夏を制した米子東と秋を制した鳥取商の試合は初回、好機をつくると3番前田 笑、4番山本 皓太の連続タイムリーで2点を先制。3回には前田の2ランが飛び出し、試合の主導権を握る。反撃したい米子東だが、鳥取商が山根 汰三岩崎 翔の小刻みな継投で得点を許さない。7回、8回にもダメ押しの得点を奪い試合を決めた。7対0、8回コールドで鳥取商が試合を制した。

 鳥取は25日で決勝のカードが確定した。大会屈指の好投手伊藤 愛希を擁し、熱戦を勝ち抜いてきた倉吉総合産と、秋を制しもう一度鳥取の頂点を狙う鳥取商のカードだ。決勝は27日に開催予定だ。

■7月25日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権 鳥取大会

第104回 全国高等学校野球選手権 鳥取大会
準決勝 倉吉総合産    7  -  1    鳥取東 ヤマタスポーツパーク野球場 応援メッセージ
鳥取商    7  -  0    米子東 ヤマタスポーツパーク野球場 応援メッセージ

■7月27日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権 鳥取大会

第104回 全国高等学校野球選手権 鳥取大会
決勝 鳥取商    2  -  1    倉吉総合産 ヤマタスポーツパーク野球場 応援メッセージ