トーナメント表
群馬大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権 群馬大会

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

関連記事
今年の群馬は全国レベルのスラッガー、145キロ右腕、146キロ右腕などタレント揃いの県に!

日程・結果一覧
群馬TOPページ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

 7月25日の第104回全国高等学校野球選手権群馬大会は、準決勝2試合が行なわれた。

 第1試合は秋を制した桐生第一前橋育英を撃破した樹徳の対決。試合は初回、樹徳が好機をつくると3番今野純之介の犠飛で先制に成功。追う桐生第一は5回、好機で9番北村 流音のタイムリーが飛び出し同点に追いつくと2番大井田 健斗の犠飛で逆転に成功、ここから打線が繋がり一挙5得点を奪う。しかし樹徳も負けじと、裏の攻撃で得点を重ね3番今野 純之介がこの日2本目の犠飛で同点に追いつく。5対5で前半を折り返す。後半戦に入った6回も勢いは止まらず、9番亀田凛太郎のタイムリーで勝ち越すと一挙4得点を挙げ、桐生第一を突き放す。反撃したい桐生第一は3番三塚 琉生に本塁打が飛びだすなど、7回、8回にも得点するが、樹徳亀井 颯玖がリードを守り切った。桐生第一の好投手北村 流音を攻略し、亀井が9回163球の熱投をみせた樹徳が、10対7で勝利した。

 利根商健大高崎の一戦は初回、健大高崎が好機をつくると4番清水 叶人のタイムリーで先制に成功。その後、清水に本塁打が飛び出すなど3回までに4得点を奪う。追う利根商は5回に1点返す。しかし、健大高崎の先発芹沢一晃が要所を締め、好機をつくる利根商の打線に得点を許さない。7回には健大高崎の代打堀江 大和のタイムリーなどで3点を追加し試合を決めた。ここまで快進撃を続けてきた利根商だったが、健大高崎の投手陣を攻略仕切れなかった。打線が爆発した健大高崎が8対1で試合を制した。

 群馬大会は25日で決勝のカードが確定した。優勝候補を続々と倒して勢いに乗る樹徳と機動破壊で甲子園を沸かした2015年以来の夏優勝を狙う健大高崎の一戦となった。決勝戦は27日の開催予定だ。

■7月25日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権 群馬大会

第104回 全国高等学校野球選手権 群馬大会
準決勝 樹徳 10  -  7    桐生第一 群馬県立敷島公園野球場(上毛新聞敷島球場) 応援メッセージ
健大高崎    8  -  1    利根商 群馬県立敷島公園野球場(上毛新聞敷島球場) 応援メッセージ

■7月27日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権 群馬大会

第104回 全国高等学校野球選手権 群馬大会
決勝 樹徳    6  -  4    健大高崎 群馬県立敷島公園野球場(上毛新聞敷島球場) 応援メッセージ