トーナメント表
南北海道大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権 南北海道大会
南北海道大会 函館支部予選
南北海道大会 室蘭支部予選
南北海道大会 小樽支部予選
南北海道大会 札幌支部予選

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

日程・結果一覧
北海道TOPページ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

 7月25日の第104回全国高等学校野球選手権南北海道大会は、準決勝2試合が行なわれた。

 第1試合は知内東海大札幌の対決。試合は初回、知内が好機をつくると3番中村颯佑のスクイズで1点を先制。5回には9番渡辺流叶のタイムリーで1点を追加する。反撃したい東海大札幌は6回に好機をつくると菊地晋のタイムリーで1点を返す。なおも同点の好機が続くが、これ以上の得点を知内坂本 拓己が許さない。後半戦は知内坂本 拓己東海大札幌門別 啓人の投げ合いとなる。同点に追いつきたい東海大札幌は反撃の機会をうかがうも、坂本がその隙を与えなかった。3回途中から登板した門別は1失点のみと好投を見せたが、一歩及ばず2対1の接戦を、知内が制した。

 苫小牧中央札幌大谷の一戦は初回、札幌大谷の好機で3番天野 凰介にタイムリーが飛び出し1点を奪うと、前半にコンスタントに得点し4回までに7得点を挙げる。大会屈指の好投手と呼び声高い苫小牧中央の先発、斉藤 優汰を攻略する。反撃したい苫小牧中央は6回に6番佐々木 優太のタイムリー、7番前田大夢の犠飛で2点を返す。しかし、これ以上の得点を札幌大谷の森谷健臣が防ぐと、逆に札幌大谷は8回にも3点を追加し、試合を決めた。絶好調の打線が火を噴いた札幌大谷が10対2、8回コールドで試合を制した。

 南北海道大会は25日で決勝のカードが決まった。共に、大会屈指の好投手を攻略した知内札幌大谷の対決だ。決勝は27日に予定されている。

■7月25日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権 南北海道大会

第104回 全国高等学校野球選手権 南北海道大会
準決勝 知内    2  -  1    東海大札幌 札幌円山球場 応援メッセージ
札幌大谷 10  -  2    苫小牧中央 札幌円山球場 応援メッセージ

■7月26日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権 南北海道大会

第104回 全国高等学校野球選手権 南北海道大会
決勝 札幌大谷    7  -  2    知内 札幌円山球場 応援メッセージ