トーナメント表
愛媛大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権 愛媛大会

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

日程・結果一覧
愛媛TOPページ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

 7月23日の第104回全国高等学校野球選手権愛媛大会は、準決勝2試合が開催された。

 昨夏、昨秋を制した新田松山商を倒すなど勢いに乗る今治西の一戦は初回、新田が5番岡田 海成の犠飛などでいきなり2点の先制に成功。反撃したい今治西は3回、満塁の好機で4番篠宮 康輔のタイムリーで同点に追いつくと、勢いそのままに逆転。一挙4得点を奪う。6回には1点ずつ取り合い、今治西が2点リードで試合は進む。迎えた7回、新田は好機をつくると7番町田 秀太のタイムリーで同点に追いつくと、9番中村 凌貴のタイムリーで逆転に成功。1点ビハインドの今治西は9回に無死1.2塁の好機をつくるも、これを新田のエース向井 駿貴が抑える。新田が6対5の熱戦を逆転で制した。

 帝京第五松山学院の試合は、前半は帝京第五積田 拓海松山学院の佐久間 柊希の両先発が踏ん張り、0対0のまま試合は終盤に突入する。試合が動いたのは7回、松山学院が好機をつくると5番佐藤 玲の犠飛で待望の先制点を奪う。しかし、帝京第五も負けじと8回に9番灰咲 博人のタイムリーで同点に追いつくと、試合は延長戦に突入。迎えた10回表に、帝京第五の打線がつながる。好機つくると9番灰咲、2番大井 駿斗のタイムリーで2点の勝ち越しの成功。このリードを帝京第五が守り抜き、3対1の熱戦を帝京第五が制した。

 23日の試合で、決勝のカードが確定した。昨夏からの連覇を狙う新田とノーシードから勝ち上がった帝京第五の対決となった。決勝は25日に開催予定。今年の愛媛の夏の覇者が決まる。

■7月23日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権 愛媛大会

第104回 全国高等学校野球選手権 愛媛大会
準決勝 新田    6  -  5    今治西 松山中央公園野球場 (坊っちゃんスタジアム) 応援メッセージ
帝京第五    3  -  1    松山学院 松山中央公園野球場 (坊っちゃんスタジアム) 応援メッセージ

■7月25日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権 愛媛大会

第104回 全国高等学校野球選手権 愛媛大会
決勝 帝京第五    6  -  4    新田 松山中央公園野球場 (坊っちゃんスタジアム) 応援メッセージ