トーナメント表
島根大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権 島根大会

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

日程・結果一覧
島根TOPページ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

 7月23日の第104回全国高等学校野球選手権島根大会は、準々決勝2試合が開催された。

 秋、春、夏連覇を狙う立正大淞南開星の一戦は、立正大淞南の小坂 純輝、開星の曽田 陸都の両先発が踏ん張り0対0のまま前半戦を折り返す。試合が動いたのは6回、立正大淞南が7番坂川 尚仁のタイムリーで待望の先制点を挙げると、8回には6番興梠 フェリペの本塁打で追加点を挙げる。反撃したい開星は8回裏、満塁の好機をつくると2番山西 克昇のタイムリーで同点に追いつくと、続く3番前井出 侑哉の3ランが飛び出し一気に試合をひっくり返す。最終回、立正大淞南は走者を出すも開星が反撃を許さず逃げ切った。5対2、逆転で開星が試合を制した。

 飯南松江商の試合は、3回に松江商が先制。しかし4回に飯南の8番岩本 大政にタイムリーが飛び出し同点に追いつく。その後は、松江商の野間 快人、飯南の三上 輝の両投手が好投をみせ1対1のまま試合は延長戦に。再び試合が動いたのは11回。先攻の松江商が好機で5番米原 真志にタイムリーが飛び出し待望の勝ち越し点を奪う。その裏、飯南が好機をつくると4番三上 輝のタイムリーで同点に追いつくと、6番川島 愁大の打席でここまで138球を投げぬいた野間のワイルドピッチで試合が決まった。3対2の大熱戦を飯南が制した。飯南の三上は145球を投げ、両先発が11回を一人で投げぬいた。

 24日は準々決勝の残り2試合が開催される。益田東浜田益田翔陽三刀屋のカードで行われる。準決勝は26日に開催予定だ。

■7月23日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権 島根大会

第104回 全国高等学校野球選手権 島根大会
準々決勝 開星    5  -  2    立正大淞南 松江市営野球場(松江総合運動公園) 応援メッセージ
飯南    3  -  2    松江商 松江市営野球場(松江総合運動公園) 応援メッセージ

■7月24日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権 島根大会

第104回 全国高等学校野球選手権 島根大会
準々決勝 浜田 11  -  10 益田東 松江市営野球場(松江総合運動公園) 応援メッセージ
三刀屋    7  -  4    益田翔陽 松江市営野球場(松江総合運動公園) 応援メッセージ