トーナメント表
千葉大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権 千葉大会

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

関連記事
戦国千葉は逸材多数!木更津総合のエース、市立船橋バッテリー、千葉黎明の本格派右腕など見所満載

日程・結果一覧
千葉TOPページ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

 2022年第104回全国高校野球選手権千葉大会は21日、5回戦が終了して8強が決まった。22日には準々決勝が行われ、大会は終盤戦へと突入。甲子園に向けた熱い戦いが最終局面へと入る。

準々決勝のカードは以下の通り。

 【22日】
中央学院(Bシード)ー市立船橋(Aシード)
木更津総合(Aシード)ー東京学館(Bシード)
拓大紅陵(Aシード)ー習志野(Bシード)
専大松戸(Cシード)ー成田

 夏の甲子園出場が過去7度の成田がノーシードで8強まで駆け上がってきた。今大会、一番といっていい注目を集めた銚子商を破って勢いに乗る。昨年代表校の専大松戸との対決は見ごたえがありそうだ。

 夏の甲子園まであと3勝。全国有数の激戦区を勝ち抜くのはどのチームなのか。

■7月22日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権 千葉大会

第104回 全国高等学校野球選手権 千葉大会
準々決勝 拓大紅陵    5  -  2    習志野 ZOZOマリンスタジアム 応援メッセージ
市立船橋    5  -  3    中央学院 千葉県野球場 応援メッセージ
木更津総合    7  -  0    東京学館 千葉県野球場 応援メッセージ
専大松戸    7  -  2    成田 ZOZOマリンスタジアム 応援メッセージ