トーナメント表
千葉大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権 千葉大会

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

関連記事
戦国千葉は逸材多数!木更津総合のエース、市立船橋バッテリー、千葉黎明の本格派右腕など見所満載

日程・結果一覧
千葉TOPページ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

 7月21日、木更津総合vs東海大浦安と5回戦屈指の好カードが実現。木更津総合が7対5で逆転勝ちを収め、ベスト8進出を決めた。

 試合は1回裏、東海大浦安は4番谷田虎太郎内野手(2年)の左翼線を破る二塁打で1点を先制し、5番岡歩夢外野手(3年)が右中間を破る適時三塁打で2点目。そして3回裏、抜群の守備力を持つショートストップ・松尾崚平主将(3年)が甘く入ったカーブを捉えて、レフトスタンドへソロ本塁打。5回表、三富 大輝外野手(3年)の犠飛で1点を返す。そして6番植木が安打を打ったところで東海大浦安は右アンダースローの川口瑛大投手(3年)から大型左腕・金 韓根(きむ・はんぐん)が登板。金はバッテリーミスで1点を取られたが、後続を凌ぐ。追加点を入れたい東海大浦安は7回裏、5番岡、6番鯵坂 賢弘外野手(3年)の連続適時打で5対2と点差を広げる。

 追い込まれた木更津総合だが、8回表、連打でチャンスを作り、越井に代えて、代打・大井 太陽外野手(3年)、1番山田 隼外野手(3年)の適時打で4対5と1点差に迫り、2番・羽根 徹平内野手(1年)の3ランで逆転に成功。この2点のリードを守りきり、ベスト8進出。木更津総合の底力を示した試合となった。

■7月21日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権 千葉大会

第104回 全国高等学校野球選手権 千葉大会
5回戦 拓大紅陵    7  -  6    千葉敬愛 ゼットエーボールパーク 応援メッセージ
習志野    6  -  2    市原中央 県立柏の葉公園野球場 応援メッセージ
中央学院    8  -  1    日体大柏 ゼットエーボールパーク 応援メッセージ
市立船橋    3  -  2    千葉学芸 千葉県野球場 応援メッセージ
木更津総合    7  -  5    東海大浦安 千葉県野球場 応援メッセージ
東京学館 11  -  0    多古 県立柏の葉公園野球場 応援メッセージ
専大松戸    8  -  0    市立千葉 ゼットエーボールパーク 応援メッセージ
成田    4  -  3    銚子商 千葉県野球場 応援メッセージ