トーナメント表
千葉大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権 千葉大会

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

関連記事
戦国千葉は逸材多数!木更津総合のエース、市立船橋バッテリー、千葉黎明の本格派右腕など見所満載

日程・結果一覧
千葉TOPページ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

 2022年第104回全国高校野球選手権千葉大会は19日、4回戦が終了した。ベスト16が出揃って、21日には5回戦8試合が予定されている。全国でも有数の激戦区千葉を制する戦いは、いよいよ後半に突入。ベスト8をかけた争いが始まる。

 5回戦のカードは以下の通り。

 【21日】
木更津総合(Aシード)ー東海大浦安(Cシード)
千葉学芸市立船橋(Aシード)
成田銚子商(Aシード)
市原中央習志野(Bシード)
多古東京学館(Bシード)
拓大紅陵(Aシード)ー千葉敬愛
中央学院(Bシード)ー日体大柏
市立千葉専大松戸(Cシード)

 ここまでAシードはすべて勝ち進んでおり、Bシードは3校、Cシード2校、そしてノーシードの7校残っている。

 昨年の代表校の専大松戸にセンバツ出場の木更津総合。春優勝の市立船橋に準優勝の銚子商。伝統校の習志野に、強豪の拓大紅陵。近年力をつけてきている千葉学芸中央学院と、多くの強豪校が勝ち残っている。

 夏の甲子園出場が過去7度の成田、12度の銚子商が対戦する。同地区の対決ということで、一番の注目カードだろう。その他、タレント揃いの木更津総合東海大浦安、ノーシードから勝ち上がり、攻守ともにバランスが取れた千葉学芸と優勝候補・市立船橋など、見逃せないカードも多い。果たしてベスト8はどんな顔ぶれになるのか。

■7月21日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権 千葉大会

第104回 全国高等学校野球選手権 千葉大会
5回戦 拓大紅陵    7  -  6    千葉敬愛 ゼットエーボールパーク 応援メッセージ
習志野    6  -  2    市原中央 県立柏の葉公園野球場 応援メッセージ
中央学院    8  -  1    日体大柏 ゼットエーボールパーク 応援メッセージ
市立船橋    3  -  2    千葉学芸 千葉県野球場 応援メッセージ
木更津総合    7  -  5    東海大浦安 千葉県野球場 応援メッセージ
東京学館 11  -  0    多古 県立柏の葉公園野球場 応援メッセージ
専大松戸    8  -  0    市立千葉 ゼットエーボールパーク 応援メッセージ
成田    4  -  3    銚子商 千葉県野球場 応援メッセージ