興南・盛島(秋季大会より)

トーナメント表
沖縄大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権 沖縄大会

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

日程・結果一覧
沖縄TOPページ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

 2022年第104回全国高校野球選手権沖縄大会は16日、準決勝が行われ、延長12回6対4で興南未来沖縄を下して決勝に進出した。

 延長12回表、興南は1死一塁から、4番盛島 稜大捕手(3年)の強烈な当たりが遊撃手の左を抜ける。打球が左中間へ転がるのをみた一塁走者の禰覇 盛太郎外野手(3年)が一気に三塁を回ってホームイン。積極的な好走塁で1点勝ち越しに成功すると、その後も1点を追加。その裏を生盛 亜勇太投手(3年)が締めて死闘を制した。

 1回に2点を失ったが、2回に敵失で1点を返すと、3回には2番・長田 悠外野手(3年)が右越えのソロを放って同点に追いついた。さらに7回には、またも長田が2点適時打を放って初めて2点をリード。7回裏に同点とされて延長戦に入ったが、粘り強い攻撃を最後まで見せて勝利をつかんだ。

 1回途中からリリーフしたエース生盛はアクシデントにも気迫の投球でチームのピンチを救った。同点で迎えた9回裏、無死二、三塁のサヨナラの大ピンチに3者連続三振。2者連続三振後に、右手にアクシデントがあり給水するシーンもあったが、最後は4番相手にすべて直球勝負に挑み、見逃し三振に切ってとった。延長12回にも途中で給水するシーンもあったが、自己最速を更新する147キロをマークした試合で負けるわけにはいかなかった。

 春は無念の出場辞退に泣いた興南ナイン。4年ぶりの夏甲子園へ、ついに王手をかけた。

■7月16日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権 沖縄大会

第104回 全国高等学校野球選手権 沖縄大会
準決勝 興南    6  -  4    未来沖縄 那覇市営奥武山野球場(沖縄セルラースタジアム那覇) 応援メッセージ
沖縄尚学    1  -  0    美里工 那覇市営奥武山野球場(沖縄セルラースタジアム那覇) 応援メッセージ

■7月17日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権 沖縄大会

第104回 全国高等学校野球選手権 沖縄大会
決勝 興南    7  -  1    沖縄尚学 那覇市営奥武山野球場(沖縄セルラースタジアム那覇) 応援メッセージ